ネイリストとして、正しい知識と技術を身につけ、本物のネイリストとして活躍できる実践に役立つ検定試験です。


TOP > ネイリストのことを知ろう > はじめに

はじめに

サイトマップ 

 【憧れのネイリストになりたい!】

 

  サロンや自宅で気軽にネイルのおしゃれを楽しむ人が増える中

「ネイリストになりたい」という女性が増えています。

現在、日本のネイリストは、世界でも最先端のネイル技術を持つと

言われ、各国のネイルコンテストの入賞者に日本人の名が連なる

ことも珍しくありません。

 

また、カリスマと呼ばれて活躍するネイリストも続々と登場していま

す。そんな憧れの職業"ネイリスト"を目指すには、どうしたらよいの

でしょうか。趣味ではなく、プロとしてネイルを施せるなるには、正し

い技術と知識の修得が必要です。その一番の近道になるのが、ネ

イリストの資格を取得する事。

 

もちろん、資格を取得したからといって、すぐにプロになれるわけで

はありませんが、取得までの道のりは、プロになるための技術、知

識、心構えを養ってくれます。

 

このサイトは、そんなネイリストの資格の中でも認知度の高いJNA

ネイリスト技能検定試験を取り上げることにより、プロのネイリストを

目指すためには、どのような技術や知識、プロセスが必要なのかを

、ネイルの初心者にもわかりやすいようにまとめています。

 

ネイリストは、つめという小さな世界に美しさを注ぎ込むことで、人に

喜びや癒しを与えることができる、やりがいのある仕事です。

 

 

【ネイル業界で重要視される人材】

 ネイルサロンで求められる人材は、そのサロンの状況や方針によ

っても異なりますが、通常は、基本的なネイル技術の有無と人柄が、

重要なポイントになります。

 

基本的なネイル技術があるかどうかを見極めるためのひとつの尺度

になっているのが、JNAネイリスト技能検定試験です。ネイルサロン

では求人基準を「ネイリスト検定2級以上取得者」と定めているところ

が多く、また、サロンによってはネイリスト検定の階級で給料に差をつ

けているところもあるようです。

 

もう一つのポイントである人柄は、判断が難しいところですが、就職の

際の面接では「ネイル技術を学ぼうとする素直さや謙虚さ」「思ったより

も地味なネイルの仕事に耐える根性があるかどうか」などを主にチェッ

クするサロンが多いようです。

 

また、ネイリストは技術職ではありますが、お客様と一対一で対面する

接客業でもあるため、身だしなみや人当たりの良さ、お客様を第一に考

えられるサービス精神があるかどうかも大きなポイントになるようです。

 

 

neil.1.jpg