ネイリストとして、正しい知識と技術を身につけ、本物のネイリストとして活躍できる実践に役立つ検定試験です。


TOP > ネイリストのことを知ろう > ネイリスト技能検定試験とは

ネイリスト技能検定試験とは


ネイリスト技能検定試験は長い歴史があり
多くの合格者たちがプロのネイリストとして活躍しています。



公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(以下、JNEC)
が主催するネイリスト技能検定試験は1997年にスタートしました。
国際的に通用するネイリストの育成を目指し、正しい技術と知識の
向上を目的とした実践に役立つ検定試験とし約65万人以上の
受験者数実績があります。

試験は3級から1級までの3段階に分かれており、いずれも
サロンワークを行ううえでの一番大切な基本技術と知識が
問われる内容となっています。

合格は、プロのネイリストとして通用するかどうかの、大切な
指標のひとつ。2級合格でプロとしてのスタートラインに立つ事が
でき、1級でサロンワークの道が開けると考えましょう。

そのため、多くのネイルサロンが、採用基準を2級合格以上と
している場合が多いようです。
プロのネイリストとして仕事を得て、お客様に信頼され、社会的
にも認められるよう、技術を磨き、合格を目指しましょう。


ネイリスト技能検定試験を受ける意味

最近のサロンワークはジェルネイルが中心となっています。
そのためか、「検定試験の課題とサロンで使う技術が違う」
という声が聞かれることがあります。

しかし、3級、2級の課題であるネイルケアは、健康で美しい
爪を保つために、ネイルサロンにとって必要不可欠なぎじゅつ。
2級の課題であるチップ&ラップは、ジェルやアクリルを使えない
方が爪を長く見せたい場合や、傷んだ爪を保護したい場合に
必要な技術ですし、スカルプチュアネイルは、つめを造形する
技術の基本です。

このように、課題のすべてはお客様に必要な技術であり、
「ネイルのプロ」であれば、取得すべき技術。
それを念頭に置いておきましょう。