ネイリストとして、正しい知識と技術を身につけ、本物のネイリストとして活躍できる実践に役立つ検定試験です。


TOP > プロのネイリストとして > 広がるネイリストの活躍の場

広がるネイリストの活躍の場

サイトマップ 


ネイルビジネスの拡大に伴い、ネイリストの活躍する場も広がっています。
現在、ネイリストの最もポピュラーな仕事場はネイルサロンですが、その他
にも、美容院やスパサロン、エステティックサロンなどで、トータルビューティー
のひとつとしてネイルを提供するネイリストも増えてきています。


また、こうしたサロンなどでネイル技術を磨いたあとには、ネイルスクールの
講師や出張ネイリスト、タレントや女優などの専属ネイリストとしての道も
広がっています。


そのほか、メーカーと専属契約をしてネイルの最新技術をプロのネイリスト
たちに紹介するインストラクターやエデュケーターといった仕事や、ネイル
サロン経営者への道もあります。


ネイリストは年齢に関係なく出来る仕事です。実際、こどもが生まれたあとも
仕事を続ける人が多いと言います。こうして活躍の場が増えていることで
女性にとっては一生続けられる専門職としてネイリストが位置づけされて
きたことも大きな魅力と言えるでしょう。




ネイルサロンではこんな人材が求められている

ネイルサロンで求められる人材はそのサロンの状況や方針によっても
異なりますが、通常は、基本的なネイル技術の有無と人柄が、重要な
ポイントになります。

基本的なネイル技術があるかどうかを見極めるためのひとつの尺度に
なっているのが、JNAネイリスト技能検定試験です。
ネイルサロンでは求人基準を 「ネイリスト検定2級以上取得者」と
定めているところが多くて、また、サロンによってはネイリス ト検定の
階級で給料に差をつけているところもあるようです。


もう一つのポイントである人柄は、判断が難しいところですが、就職の
際の面接では 「ネイル技術を学ぼうとする素直さや謙虚さ」
「思ったよりも地味なネイルの仕事に耐える根性があるかどうか」
などを主にチェックするサロンが多いようです。


また、ネイリストは技術職ではありますが、お客様と一対一で対面する
接客業でもあるため、みだしなみや人当たりの良さ、お客様を第一に
考えられるサービス精神があるかどうかも大きなポイントになるようです。