ネイリストとして、正しい知識と技術を身につけ、本物のネイリストとして活躍できる実践に役立つ検定試験です。


TOP > ネイル検定の学び方 > 資格を習得するための学び方

資格を習得するための学び方

サイトマップ

 

【ネイル検定試験に向けて】

 ネイリストの資格を取得するための学び方は、大別するとネイル

スクールに通う方法を独学で勉強する方法があります。しかし、そ

れぞれにメリットとデメリットがあります。

 

独学でお金をかけずに時間をかけるのか?

多少お金はかかっても効率よく学びたいのか?

じっくりと考えて自分のライフスタイルに合った方法を選びましょう。

 

【スクールで学ぶメリット】

 現在、日本にはたくさんのネイルスクールがあります。ネイル

スクールには様々なコースがあり、学ぶことはコースによっても

異なりますが、通常、実技だけでなく、ネイリスト検定の筆記試験

として出題されるような、つめの構造や病気、つめに関する皮膚

科学といった、ネイルの理論についても学びます。

 

特にネイル技術は、実際に見て触れて学ぶことがとても大切です。

そういう意味では、講師のデモンストレーションを見ながら指導を仰

ぐのがネイルスクールで学ぶメリットとなるでしょう。就職についても、

求人募集はネイルスクール経由で出来ることも多いため、資格取得

後、就職を考えている人にはメリットが大きいと言えます。

 

 

【独学で学ぶメリット】

 独学のメリットは、ネイルスクールに比べて費用がかからない点。

まずは日本ネイリスト協会が発行しているテキストと必要な参考書

を手に入れましょう。あとはネイル用具を揃えれば、勉強することが

できます。

 

また、自分の好きな時間に自宅などの好きな場所で学べる点も魅力

です。決まった時間にスクールに通えない人や、近くにスクールがな

いという人にとっては、自由度が高く便利。

 

ただし、独学の場合は、スクールのように拘束力がない分、勉強を続

ける強い意志が必要です。自分自身で試験までのスケジュールを立て

、とにかくコツコツとネイルの勉強を進めていくしかありません。

 

特に、1級・2級を独学で合格するには、かなりの努力が必要になりま

す。また、就職先も自分で探すのが基本です。

 

独学の場合、気をつけなければならないのは、技術を一人で身につけ

るのは困難だということ。友人・家族などにモデルを頼んで、実技試験

と同様のネイルの練習をすることはできますが、間違っている点や勘

違いしている点を自分で見つけ出すのはかなり難しいもの。

 

しかし、検定試験対策の集中口座が開講されているネイルスクールも

あるので、技術だけはそこで学ぶというのもひとつの手です。また、1級

・2級を受験する人は、日本ネイリスト協会が毎回検定試験前に開催し

ている「受験対策セミナー」に参加してみるのもいいでしょう。

 

【現場で働きながら学ぶ】

 ネイルサロンによっては、技術がなくても資格がなくても未経験でも

雇ってくれるところもあります。また、最近はネイルスクール並みの充

実した研修制度を整えているサロンも増えてきました。給料をもらって、

現場で仕事を覚えながら検定試験の勉強ができるのですから、とても

利に叶っているように思いますが、スクールで学ぶよりも遠回りになっ

てしまう場合もあるのです。

 

なぜなら、ネイリストの仕事も検定試験も、それほど甘いものではない

からです。現場で働きながらを選ぶ場合は、どちらかがおろそかになっ

てしまう可能性があること、心身ともにかなり負担がかかることを覚悟

してから決断してください。

 

【通信教育で学ぶ】

 スクールに通う時間はないけれど、一人で勉強を続けていく自信もな

いという人は、通信講座で学ぶという方法があります。

 

通信講座は、通学タイプのスクールが通信講座を行っているところと、

通信講座だけを行っているスクールの2パターンに大きく分かれます。

 

最近は、通信講座の数も増え、DVDによる動画テキストでプロのネイ

リストのテクニックをリアルに学べる講座や、講師に電話やメールで相

談が可能な講座、通学タイプのスクールと連携してスクーリングができ

たり、通学タイプへの変更もできる講座など、いろいろなタイプがありま

す。

 

いずれにしても、教材やカリキュラムの内容をきちんと把握してから

選ぶようにしましょう。もちろん検定用のカリキュラムを組んでいる通信

講座がベターです。