ネイリストとして、正しい知識と技術を身につけ、本物のネイリストとして活躍できる実践に役立つ検定試験です。


TOP > ネイリストのことを知ろう > ネイル検定取得の条件

ネイル検定取得の条件

サイトマップ 

 

【ネイリストになるための条件】 

 ネイリストには、いくつかの資格制度がありますがこれらは

国家資格と言うわけではありません。したがって、資格の取

得がプロになるための絶対条件ではありません。

 

では、なぜ多くの人が受験するのでしょうか?まずは資格を

取得するメリットと資格の種類について学んでいきましょう。

 

【 ネイル検定試験に合格する熱意 】

  ネイリストになるための条件は特にありません。しいて言えば

「ネイリストになりたい」、と言う熱意かもしれません。しかし、

見よう見まねで施術を行おうとしても、土台無理な話。やはり、

さまざまな技術や技能を身につけなければ出来ない仕事であ

るのは事実です。

 

資格がなくてもネイルサロンに就職することはできますが、プロ

としてすぐにお客様を担当できるほど甘い世界ではありません。

ネイリストとして現場で活躍できるようになるまでは、さまざまな

知識と確かな技術が求められます。その知識と技術を効率的に

身につけるためのアイテムのひとつとしてJNAネイリスト技能検定

試験、(以下ネイリスト検定)、があります。

 

ネイリスト検定は、筆記試験と実技試験の両方が行われ、その

内容は多岐に渡ります。初めは学ぶものの多さに驚いてしまう

人もいるかもしれません。しかし、資格取得は目的でなく、夢を

叶えるための手段。

 

ネイリスト検定の内容は、プロとして最低限身につけていなけれ

ばならないものばかりです。この基礎がしっかりしているかどうか

が、その後のネイリストとしての生活に大きく影響してくることは

間違いありません。

 

もちろん、ネイリスト検定の資格があれば、就職の際のアピール

にもなります。現在、ネイル業界の求人基準にも「有資格者」と

言う条件が目立ちます。資格を取得することは、自分の技術を

社会的に認知してもらうための、いちばんわかりやすい手だてで

もあるのです。

 

【 3段階の資格 】

  資格の概要に入る前に、このサイトで解説する「JNAネイリ

スト技能検定試験」は、NPO法人 日本ネイリスト協会(以下

日本ネイリスト協会)が、ネイリストとして正しい技術と知識を

もっていると判断した人を認定するのだということをまず理解

して下さい。

 

日本ネイリスト協会が、行っている資格制度には、現在3段階

の資格があります。検定試験の細かい内容については後述し

ますが、まず初心者向けの資格が3級、ついで2級、その上の

1級の3段階に分かれています。

 

3級はだれでも受験することができますが、2級を受験するため

には3級の合格が、1級を受験するためには2級の合格がそれ

ぞれ条件となります。