ネイリストとして、正しい知識と技術を身につけ、本物のネイリストとして活躍できる実践に役立つ検定試験です。


TOP > ネイリストのことを知ろう > ネイル業界の歴史を知ろう

ネイル業界の歴史を知ろう

サイトマップ 

 

【 ネイルの歴史 】 

 ネイリストを目指すなら、ネイル業界の歴史も知っていきたい

ものです。ネイルをする習慣は、古代エジプトからあったと言

われますが、現在のようなネイル技術や、ネイリストという職

業が生まれたのはどこか、どうやって日本へ渡ってきたのか

など、ネイル文化の変化を理解しておきましょう。

 

 【 発祥の地はアメリカ 】 

 現在、日本で流行しているネイルは、アメリカを発祥とする、

"アメリカンネイル" の影響を強く受けています。現在でもアメ

リカのネイル市場の規模は世界一と言われ、ネイリストの数

は60万人以上、ネイルサロンの数は7万店以上もあるとい

われています。

 

そんなアメリカに職業としてのネイリストが登場したのは、19

世紀後半の事です。一般女性に身だしなみとしてのマニュキ

ュアが浸透し始め、ネイリストと言う職業も誕生しました。現在

のようなネイルポリッシュが生まれたのは1923年のことで、

なんとそのもとになったのは自動車の塗装用ラッカー。

 

自動車が大量生産される際に必要となった速乾性のあるラッ

カーを、ネイルカラーに応用したのです。

 

【 ネイルケアは身だしなみ 】

 アメリカでは1970年代に入ると、映画の都ハリウッドのメイ

クアップアーティストが、女優に施すてめの特殊メイクの秘訣と

して「つけづめ」を開発します。

 

これが現在のスカルプチュアネイルやネイルチップの始まりです。

その後、こうしたネイル技術が一般の人々の間でもブームとなり

、続々とネイルサロンもオープン、アメリカ全土にネイル文化が広

まっていきました。

 

そして現在、アメリカではネイルサロンに通うのは身だしなみとし

て当たり前というぐらいに浸透しています。日本で言うと、丁度美

容院のような存在と言えるでしょう。そのため、アメリカの町には

至る所にネイルサロン、メニュー、メニューもネイルサロンを中心

にとても充実しています。店舗の種類や激安店から高級店まで

さまざまなサロンがあり、年齢を問わずだれでも気軽にネイル

サロンを利用しています。

 

【 日本では90年代~ブームに 】 

 そんなアメリカのネイル文化が日本に入ってきたのは、'70年代

後半のこと。'80年代初めには日本初のネイルサロンが誕生し、

'85年には日本ネイリスト協会が設立しました。また、'88年のソ

ウルオリンピックでは陸上のフローレンス・ジョイナー選手がネイル

アートをしていたことで注目を浴びましたが、当時は大きなブーム

になるまでには至りませんでした。

 

日本でネイルが本格的にブレイクし始めたのは、'90年代半ばに

なってからです。若者に人気のミュージシャンやアーティストが、

ネイルに興味を持ち始めたことをきっかけに、さまざまなメディアで

ネイルアートなどが紹介されるようになり、徐々にネイル文化が広

まっていきました。

 

それと同時に、ネイリストと言う職業が注目されたことも、ネイル

市場を拡大させた要因になったと言えます。ネイルコンテストで

優秀な成績を収めたネイリストや、有名タレントの専属ネイルア

ーティストになったネイリストが、カリスマとして人気を博し、女性

の憧れのひとつになったのです。

  

【日本のネイル技術は発展途上中】 

 現在では、さまざまなネイルコンテストの上位に、必ずといって

いいほど日本人ネイリストの名がのぼるようになりました。

「日本のネイル技術は世界一」とまでいわれています。とはいえ、

技術面ではすぐれているものの、日本のネイル業界はまだまだ

発展途上ともいえます。

 

ビジネス的には、アメリカから10~20年は遅れているといわれ

ているのです。しかし、発展途上だからこそ、優秀なネイリストや

ネイル技術が生まれやすいのも事実。今後も、ネイリストの数や、

ネイルサロンなどの活躍の場は、さらに増えていくと予想されて

います。