ネイリストとして、正しい知識と技術を身につけ、本物のネイリストとして活躍できる実践に役立つ検定試験です。


TOP > プロのネイリストとして > 自分でネイルサロンを開業するには

自分でネイルサロンを開業するには

サイトマップ

 

【ネイリストとして独立を考える】

自分でネイルサロンを開業するために最低限必要のものは、ネイル技術と経営ノウハ

ウ、そして資金です。ネイリスト検定の資格は必ずしも必要ではありませんが、技術力

の証明にはなるでしょう。また、資金についても、美容院などに比べるとそろえる設備

が少ないこともあって、比較的低予算ではじめられます。そのため、ネイルスクール卒

業後すぐにサロンを開くことも可能です。実際、ネイルスクールのなかには、開業のノウ

ハウを教えているところもあります。

 

しかし、自宅でサロンを開くなど、規模が小さいならいざ知らず、数人のスタッフを雇って

開業する場合は、サロンワークの実技経験がないと、お店を続けていくのはやはり難しい

でしょう。ネイルサロンでは、技術力の提供だけでなく、お客様との応対やサロン運営に

関わるこまごまとした業務も、ネイリストの大切な仕事だからです。まずはネイルサロン

などで3年ほどサロンワークを学び、そのあとに開業する人が多いようです。

 

ネイル検定試験に合格して、それで満足でしょうか?せっかく人より秀でた才能を

身につけたのですから、ぜひ夢に向かって進んで欲しいものです。

あなたがネイリストという資格を取得したのは、興味があるからでしょう。ネイルとい

うものに関心があり、好きだからネイルの検定にチャレンジしたのです。

 

そして合格して、自分や友人のネイルケアをしていてはまさに宝の持ち腐れです。

いきなり独立というのは経済的にも、技術的にも難しいでしょう。まずは、先ほど

述べたように3年ほどサロンワークを学びネイルサロン経営のノウハウを覚え、ネ

イリストの技術にも磨きがかかってきた頃にはあなたにも独立の自信が出来てい

ると思います。

 

そんな経験をして来られた先輩のアドバイスとして、現在第一線で活躍されてお

られる方々のお話を聞いてみましょう!

 

         nail123.jpg