ネイリストとして、正しい知識と技術を身につけ、本物のネイリストとして活躍できる実践に役立つ検定試験です。


TOP > プロのネイリストとして > 伊藤朋子さん 

伊藤朋子さん 

「お客様を楽しませることも、ネイリストの大事な仕事です」

 

JNA承認本部認定講師・マスターエヂュケータ

出張ネイリストのほか、NSJネイルアカデミー常任理事講師として活躍。

 

出張ネイリストとして活躍する伊藤朋子さんは「お客様に楽しい気分を提供

することも、ネイリストの大切な仕事」といいます。テーブルに広げるピンク色

のネイルセットも。お客様の家をよごさないようにという配慮もありますが、楽

しさを演出する小道具サロンに就職し、ネイリストとしての腕を磨きました。

 

 その後「家に来てほしい)というお客様の要望が増えてきたことをきっかけ

に出張ネイリストに、出張ネイリストは、儀中はもちろん、人間的もの信用が

あるからこそ出来る仕事。大半のネイリストも、伊藤さんのように、ネイルサ

ロンなどで働く中でお客様から信用を得て始めることが多いのだとか。

「出張ネイリストは、サロンで働くよりもずっと。い客様と密に触れ合う仕事

なので人好きな人には向いているかも知れません。い客様の家に行くと、

リラックスしていろいろな話が聴けますし、たまには頂き物をごちそうしてい

ただいたりして。でも、それだけに、高い接客力が求められるのも確かですね。

また、お客様のニーズは、おしゃぺりも楽しみたい方、ネイルの施術だけをし

てほしい方など、さまざまです。お客様がどんなことを望んでいるか察知する

洞察力も必要だと思います。

 

 今では出張ネイリストとしてベテランの伊藤さんですが、この仕事を始めた

ころは、お客様の都合に合わせて夜中まで働いていたそうです。

「ネイリストは、基本的にお客様のしもべですから(笑)。でも、きちんとお客さと

付き合っていって、信用がつけば、その後は口コミで自然とお客様が増えて来

るもの。伊藤さんのその口調には強い意志が感じられます。小柄で可愛らしい

雰囲気でありながら優雅な印象なのは、新っプロ意識を持っているからなのか

もしれません。

 

そんな伊藤さんに、これからネイリストを目指す人へのメッセージを聞くと

「ネイリスト検定は、自分の技術への自信にもつながるので、

挑戦しておく方が良いがよいと思います。また、ネイリストは、い客様の"手"

に直接触れる仕事。嫌な事があったからといって暗い気分を引きずっていると

、手を通してお客様に伝わってしまいます。

いつでも平常心を保てるよう、頭の切り替えが早い人の方が、ネイリストに向

いているかも知れませんね。