ネイリストとして、正しい知識と技術を身につけ、本物のネイリストとして活躍できる実践に役立つ検定試験です。


TOP > プロのネイリストとして > 木下美穂里さん 

木下美穂里さん 

木下 美穂里さん

 

 JNA常任理事・本部認定講師

ユミ・クリエイテンションの代表取締役社長、

木下ユミ・メークアップ&ネイルアトリエの校

長・校師として活躍する一方で日本ネイリス

ト協会広報委員長、国際量美容産業機構副

理事長、ジャパンメークアップアーティストネッ

トワーク理事などを務める。

 

ネイリストに一番重要なのは、愛、かな(笑)」と、明るく教えてくれたのは、

日本の映像メークアップの創始者である木下由美さんを母に持つ、木下

美穂里さん。

 

幼い頃からお母様の影響で、美容の仕事が常に身近にあったという木下

さんですが「親とは違う道を」という思いから、カメラマンを目指して大学に

進学。しかし、大学卒業後の就職先が決まった矢先、お母様が倒れ、急

遽木下さんが仕事の代理をすることに。それをきっかけに、木下さんは美

容の道に進むことになります。

 

その後、主に広告の世界で、ヘアメークアーティストとして活躍。当時ネイ

ルは、いわゆる美容技術のひとつであり、木下さんも当たり前のようにそ

の技術を身につけたと言います。木下さんのターニングポイントとなったの

は、31歳のとき。生死をさまよう大病を患い、自分の使命を考えさせられた

木下さんは「これからは、今まで自分が学んだものを若い人たちに伝えて

いこう」という思いに至ります。

 

その思いは、現在、校長兼講師を務める木下ユミ・メークアップ&ネイルア

トリエでも生かされているようです。取材に訪れた時も、木下さんが熱心に

生徒たちを指導している姿が見受けられました。

「ネイリストは、女性がプロとして社会に認めてもらえる仕事。でも、プロと

して続けていくためには、技術力はもちろん、かなりの努力と根性が必要

なんです、自分の生徒は少なくてもネイル技術については"わからない"こ

とがないようにして卒業させたい。就職率100%を誇る木下さんのスクール。

すでにたくさんの生徒たちが卒業し、ネイルの世界で活躍しています。

 

ネイリストの就業条件もとても整ってきています。「ネイリストの醍醐味のひ

とつは、お客様を第一に思ってすることが売り上げにつながること

ネイルの仕事は収入が低いというイメージがあるかも知れませんが、ネイリ

ストの中には、トップ美容師以上の人もいるんですよ!」

 

木下さん自身も、夢はまだまだたくさんあるといいます。そのひとつは、

さらに会社の制度や環境を整え、女性が美しく働き続けることができる

職場を作っていくこと。そんな木下さんに、これからネイリストを目指す人

へのアドバイスを聞くと、こう応えてくれました。

 

「ネイリストの第一歩として大切になるのが、スクール選び。気に入った

スクールが見つかったら、ぜひ実際に訪問してみて下さい。どんなに評

判のいいスクールでも自分に「合う、合わない」があるからです。それか

ら、就職したら、苦しくても3年は同じ職場で働き続けてみましょう。ひとつ

の場所でテクニックを学んで接客を覚えると絶対に成長しますよ。」