FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > FX初心者でも大丈夫? > これからFXをはじめる方に

これからFXをはじめる方に

FX初心者講座                                

                                                       fx1.jpg

まず最初に、いくら簡単に説明して

も     、どんなに噛み砕いて文章に

しても、FX (外国為替証拠金取引)

、というものは、初心者の方には簡

単に理解できるものではありません

 一つのサイト、一冊の本を読んだか

らといって、ハイわかりました!では

明日から本格的に始めましょう!とい

える方は天才か、分かっているふりを

しているか、どちらかでしょう。

 

FXはシステムを覚えて、他人に説明できるほどになっても必ず儲かる

ものではありません。そんなに簡単にお金が稼げるなら皆さんFXをやっ

ているでしょう。それも何も分からない初心者がとなれば尚更です。

 

しかし、今まで話題になった商品先物取引や株、デイトレードなどに比

べると、そのシステムの簡易さや現実的な収入率などはかなりの確率で

FXに分があると言えます。

 

商品先物取引などはある意味、共通点があるのですが、それでも比較

にならぬ程の安定性がFXにはあります。皆さんにやって頂きたい事は、

まず、理解する事、です。このサイトに限らず色んなサイトを見て、本も

読んで、まず理解する事。そして実行。

 

色んな方の見解があるでしょうが、私が思うにFXの魅力といいますのは

「楽しさ」、に尽きます。もちろんリスクもあります。それはどんな事でもつき

ものです。しかし、FXの楽しさ、面白さ、を是非覚えて頂きたいものです。

 

個人個人の判断での事ですし何より、お金のかかる事ですから判断する

のは皆さんですからその考えに委ねますが、ひとつお伝えしたいのが、

 

やりがいのあるビジネスだが、かたち(儲け)にしようと思えば簡単な説明

では途中挫折になります。理解しきれぬままになるからです。なるだけタイ

トル通り初心者に向けてのFX講座として解説して行きますが、専門用語や

初心者向けでない言葉や説明も入るかも知れませんが、良く考えれば理解

できます。アタマから、初心者向けだから適当に読んでおけばいいだろう。

という考えではダメです。まるきりの初心者知識では、FXをかじる事は出来

ても、モノには出来ないからです。

 

そのような考えから、作成していますのでご理解下さい。

 

先読みするものには変わりありませんから、確実に儲かるとは言えませんが

先ほどの、「楽しい・面白い」、という言葉に万感の思いを込めます。

私は決してお金に余裕のある生活はしていませんし、パチンコのように、負け

ても楽しいから行く、という意味ではありません。

 

ではこれから、FXについて解説して参りますが、以上の点をご念頭に置きまして

ご閲覧願います。

 

 

 外国為替とは異なる二つの通貨を交換(両替)すること 

最近、注目を集めるFX(外国為替証拠金取引)。FX以外にも、銀行

で扱う外貨預金や証券会社で扱う外貨建てMMFなど、外国為替取

引を利用した外貨投資の人気が非常に高まってきています。

 

そもそも、この「外国為替」っていったい何でしょう?日本では、円が

使われているように、米国ではドル、西ヨーロッパの多くの国ではユ

ーロというように、各国によって使われている通過はまちまちです。

 

例えば、パリに旅行に行ったとします。円のままでは買い物ができ

ませんから、空港や銀行で、円をユーロに両替します。また、旅行

が終わって日本に帰国し、持って帰ってきたユーロを円に戻したり

もします。

 

このように、異なる二つの通貨を交換することを[外国為替取引]と

言い、その交換レートを決める市場のことを [外国為替市場] と

言います。通貨の交換が行われるのは、旅行の時ばかりではあり

ません。

 

企業が海外で物を売って得た現地の通過を円に交換したり、海外

の高い金利を狙って個人が外貨預金を行ったりと、企業、個人を問

わず、世界中の色々な場所で、様々な理由から通貨の交換が行わ

れます。

 

そのため、外国為替市場は、月曜日から金曜日まで24時間休みなく

働き、1日の取引が200兆円以上もある、世界で最も大きな市場となっ

ています。なお、本質的には交換なのですが、実際の取引にあたって

は、ドルを受け取って円を払う取引を [ドル円を買う] と言うように、

売買で表すことが一般的です。特に理由はありませんが、その方が

わかりやすいからです。

 

 円高・円安の言い回しに気をつけよう

テレビのニュースなどでも、「今日の東京外国為替市場の円相場は

、1ドル115円50銭から55銭、昨日に比べて30銭円安です。」と言

うような報道が毎日行われるほど、外国為替取引は、ポピュラーな

ものになっています。

 

ただし、この時気をつけたいのが、円高、円安という言葉です。

「今日の外国為替市場、午後5時の終値は1ドル115円50銭、昨日

の比べて1円の円安ですというニュースを聞いたとします。円安なの

だから、116円50銭から115円50銭にさがったのかなと思いがち

ですが、これは逆です。前日まで1ドル114円50銭だったものが、翌

115円50銭になった場合は、「円安になった」と言う言い方をします

 

数字が増えたのに、安いという言い回しをしていることで、やや混乱し

てしまうかもしれません。これは、交換という考え方に戻るとわかりや

すいでしょう。昨日ならば1ドルと交換するのに、114円50銭持って

いればよかったけど、今日だと115円50かかる、すなわち、1円分

価値が下がってる、だから円安というわけです。特に初心者の方には

間違えたりすることの多い事です。

 

 

 

【初心者のためのFX講座 外国為替証拠金取引について】