FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > FX初心者でも大丈夫? > 取引業者の選択も重要になってくる

取引業者の選択も重要になってくる

まずは金融庁にきちんと登録された業者かチェックする

 

 2005年7月に施行された改正金融先物取引法により、FXの取引業者が金融庁の登録制になる

までは、規制する法律がなかった事もあり、300以上の業者が乱立していました。このため、

一部の業者が詐欺まがいの行為を行ったり、強引な勧誘で口座を開かせるといったトラブル

が多数見受けられました。

 また、基本的にハイリスク・ハイリターンであるのに、リスクの説明がきちんと行われていないと

いうケースも多く見受けられました。

 こうしたトラブルによって業界全体の信用度が下がり、一般の投資家の人たちに「FXって胡散

臭い取引なのでは?」と思われていた面もあったようです。しかし、法律が施行されたことで、

こうした悪徳業者や財務上危険な業者などが排除されたため、投資家にとってかなり安心できる

状態が出来上がってきました。

 それでも、業者選びは依然重要なポイントです。では、取引業者を選ぶ場合、どんな点に気を

つければいいのでしょうか?

 まず、当然のことですが、今回の法改正にのっとって、金融庁にきちんと登録された業者を選ぶ

べきです。金融庁に登録がすむと、会社のホームページなどに登録番号が記載されているはず

です。

 FXCMジャパンの場合だと「登録番号 関東財務局長 第57号」といった具合です。こうした

表記がきちんとあるか、まずチェックしましょう。

 なお、今回の法改正が急ピッチだったため、2005年12月の期限の時点では登録の受理だけで

終わり、審査待ちという業者も多数ありました。

 そうした業者も順次登録が済んでいっていますが、審査待ち状態でも営業は可能です。もっとも、

基本的に登録要件がクリアされていないと受理自体がされないので、受理がすんでいればそれほ

ど神経質になる必要はないでしょう。

 登録の受理すらしてもらえない業者、登録自体をする気のない業者は、本来営業できません。

しかし、裏でこっそり営業をしている可能性があります。そうしたところと取引するとトラブルの

元です。絶対にやめましょう。

 

 「信託分離」をしている業者はさらに安心!

 しかし、登録業者ならどこでもいいのかというと、そんなことはありません。「手数料」「証拠金」

などの商品内容、「システムの使いやすさ」「情報の豊富さ」などは業者によって千差万別です。

ネットの比較サイトなどもありますので、情報を収集しましょう。

 その中でも、まずチェックしたいのが「信用リスク」です。最低資本金や自己資本規制比率などを

クリアしたといっても、銀行などと比べると財務上軟弱な業者がほとんどです。財務情報などの

IR情報がきちんと公開されているかをチェックし、健全性を確かめましょう。

 また、「信託分離」を行っている業者はさらに安心です。顧客から預かった資金を信託銀行に

分離して保存することで、一般の債権、債務からきりはなし、万が一倒産した場合でもその分は

顧客に返すことができるという信託分離保管は、コストが結構かかるので、すべての業者が採用

しているわけではありません。

 そのため、こうした顧客保護に力を入れている姿勢自体、信頼性が高く好感がもてます。万が一

の時の備えという意味でも、これは業者選びの大きなポイントになります。

 次に、商品内容です。「取引にかかる手数料は幾らか?」「最低取引金額は幾らか?」「取引

に必要な証拠金額は幾らか?」「出入金などがスムーズか?」などをチェックしましょう。手数料

などは安いに越したことはありませんが、それだけで決めるのは危険です。

 為替情報や会社としての安定性など付加価値があれば、ある程度高い手数料を払う価値は

あるかもしれません。もちろん、手数料が安いから情報や安定性が低いというわけでもありません。

なお、長期的にポジションを維持したいのであれば、スワップポイントの水準もチェックが必要

です。

 最後に、大きなポイントになるのが「システムの使いやすさ」です。つい最近、株の世界で大きな

誤発注事件がありましたが、間違って注文すると自己責任になってしまいます。

 かといって、チェック項目が多すぎても激しい値動きの中で取引する際など不便です。なるべく

シンプルで自分にとって使いやすい取引システムをえらびたいものです。

 業者によっては、仮想取引(デモトレード)の場を提供しているところもありますので、これらを

利用してシステムの使い勝手を色々試してみるのもいいでしょう。