FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > FX初心者でも大丈夫? > FXのリスク

FXのリスク

初心者には必ず知っておいて貰いたいFXのリスク

 

①値動のリスク

外国為替証拠金取引は、元本や収益が保障された取引ではありません。

市場の値動きによって儲かったり損をしたりします。また、高金利通貨を

買って低金利通貨を売ることによって「スワップポイント」と呼ばれる金利

差の調整分を受け取ることができますが、このスワップポイントも、金利市

場での動き次第で増減します。それどころか、金利差が逆転してしまえば、

スワップポイントを支払わなければならない事もあります。

 

このリスクを考える際に、重要になってくるのが「レバレッジ」と「リスク」の

関係です。資金を証拠金として預ける事で、少ない金額でも大きな取引が

できるのが外国為替証拠金取引の魅力ですが、値動きによる指損益や、

スワップポイントの受け払いは取引金額によって決まってくるため、取引が

大きくなればなるほど収益期待もリスクも高まります。

 

例えば、5万円を預け入れて、1ドル115円で1万ドル分のドル円の買い取

引をしたとします。この場合、元手5万円に対する取引金額の比率であるレ

バレッジは23倍です。

 

そして、ドル円が1円下がって1ドル115円から114円になったとします。

このときの評価損は、1円×1万で1万円。市場としては、115円から114円と

僅か0.87%下がっただけですが、レバレッジが23倍ですから、もともとの資

金である5万円に対しては20%もの評価損が出た計算になります。仮に5円

(4.3%)下がったとすると、もともとの資金5万円が全てなくなってしまうことに

なります。

 

実際の取引では、業者が設定した最低ライン(例えば1万ドル当たり2万円)

を割り込むと、強制的に決済されてしまい損失が確定しますので、3円以上

下がった場合、取引が維持できないことになります。もちろん、逆に儲かる時

は、5円上がると元の資金が倍になるというわけで、ハイリスク・ハイリターン

な取引と言えます。

 

②流動性リスク

大きなニュースなどがあって外国為替市場全体の取引量が減り、取引ができ

なくなるリスクです。外国為替市場は1日200兆円以上の取引がある世界最大

の市場で、ストップ安、ストップ高というものがないため、株式市場などと比べて

流動性リスクは低いのですが、大きなニュースが出た直後などは値動きが荒く

なり、取引したい水準でうまくできないリスクもあります。

 

③システムのリスク

外国為替証拠金取引は、インターネット回線を通じて自分のパソコンから取引

を行う場合がほとんどです。その為、PCやネット回線のトラブル、取引業者の

サーバートラブルなどにより取引できないというリスクがあります。また、自分の

捜査ミスによる誤発注などのリスクがあります。

 

⑤信用リスク

取引業者の財務状況の悪化や業務停止、倒産などによって取引ができなくな

るリスクです。FXは1998年に誕生しましたが、当時から財務上危険な業者が

多く含まれています。

 

それが、2005年4月の改正金融先物取引法の施行によって、5000万円の最

低資本金や自己資本規制比率などが定められ、財務が危険な業者は排除さ

れましたが、銀行などに比べるとまだまだ財務上の基盤が弱いため、倒産に

関するリスクを配慮しておく必要があります。

 

なお、最近は利用者から預かった証拠金を信託銀行に預託し、会社の資金と

は完全に分離して管理を行い、倒産時の顧客資金の保全を図る仕組みを採用

する業者も増えてきました。こうした顧客保護の仕組みが一般化すれば、ますま

す信用リスクは軽減できるでしょう。

  

 

 

【初心者のためのFX講座 外国為替証拠金取引について】