FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > 「外国為替市場」の性質とトレンドを知ろう > 「外国為替市場」と株式市場との関係とは?

「外国為替市場」と株式市場との関係とは?

★株高=その国の通貨高になることが多い

 外国為替市場の参加者の特徴や、市場の時間別・季節別の特徴を確認した後は、株式市場

などほかの市場と外国為替市場の関係について確認してみましょう。

 まず、最も代表的な市場である株式市場と外国為替市場の関係です。一般的には、ある国の

株価が上昇すると、その国の通貨高を呼び込むことになります。

 これは、好調な株式市場に海外からの投資資金が流入してきて、その際、基本的にその国の

通貨を買う必要があるからです。

 また、株式市場が上昇しているということは、企業業績など産業界の状況がかなり好調な

証拠です。そういう意味でも、その国にせかいの投資資金が集まりやすくなります。

 ただし、2005年の後半から今年にかけて、円安と株高が同時進行することもあります。

もちろん、株式市場との関係だけで為替市場が動くわけではないので、別のもっと大きな

理由があったともいえますが、今回の円安と株高の同時進行は、株高が通貨高につながる

ほど大きな力を持っていなかった証拠ということも言えるでしょう。

 具体的には、最終緩和政策を続けてきた日本において、一部で金余り現象が生じ、その

お金の一部が株に流れ株高に、一部が外貨投資に流れ円安になったという構図がみられ

ます。

 また、ゼロ金利を続ける日本において、海外の投資家も、わざわざ自国の通貨を両替して

資金を流入させる実用性を感じず、日本で低金利の資金を調達して株式投資を行うという

構図となり、そのため、株高=通貨高という教科書どおりの反応にはならなかったのです。

 もっとも、こうしたケースはかなりレアケースと言え、一般的には 『株高=通貨高』 の

関係になることが多くなります。