FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > FX初心者でも大丈夫? > FXで欠かせない「スワップポイント」の魅力と注意点

FXで欠かせない「スワップポイント」の魅力と注意点

売り買いする通貨の金利に要注意・・

 FXの魅力とリスクを考える上で、もうひとつ大切なものがあります。それは「スワップポイント」

です。

 スワップポイントとは、取引を行った際の2つの通貨間の金利差のことです。たとえば、

ドル円を1ドル115円で10万ドル買い、その買いポジションを翌営業日以降に持ち越したとします。

買った10万ドルに関しては、その分の金利収入が入ってきます。しかし、10万ドルを買うための売買

代金1150万円を取引業者から借りている訳ですから、この1150万円に対しては1日分の金利を

払う必要があります。実際には、買ったドルの金利と借りている円の金利の差額分をやり取りする

形になります。これが「スワップポイント」です。

 現在、円の金利が非常に低いのに対して、ドルは、4.75%(2006年4月現在)ですので、その

差額分だけ毎日受け取ることができます。逆に、ドル円でドルの売りポジションを作った場合、

借りてきたドルに対して高めの金利を支払い、買った円に対してはほとんど金利の受け取りが

ないので、差額分を毎日支払う必要があります。

 取引する通貨ペアにおいて、金利が高い通貨を買って金利が安い通貨を売ると、スワップポイン

ト分の受け取りが毎日起こり、逆に、高金利通貨を売って低金利通貨を買うと、スワップポイント分

の支払が毎日起こるというわけです。

 こうしたスワップポイントの受け払いは、短期間の取引ではそれほど意識する必要はありません

が、長期間にわたってポジションを維持する場合には、大きな意味を持ちます。

 金利の高いポイントを例に考えてみましょう。

 ポンド円で1万ポンド買った場合のスワップポイントの受け取りは、1日当たり240円(2006年4月

現在FXCMジャパンの場合)。1年間ポジションを持ち続けた場合、合計すると8万4600円の受け

取りになります。これはちょっと馬鹿に出来ない金額です。

 同じく、日本円に比べて高い外貨建ての金利を狙った投資である外貨預金と比べてみましょう。

ドル円やポンド円など外貨の買いポジションを持った場合のスワップポイントは、外貨預金などに

比べて、売った方の円の金利支払いがある分、金利が低くなりそうですが、実際にはそんな事

はありません。スワップポイントにおける金利は、銀行間の翌日物の金利をもとに、コストなどを

加味して計算されます。現在、円はゼロ金利状態が続いており、借りてきた場合でもほとんど

金利を払う必要がありません。

 これに対し、買った方のドルの金利は、銀行が顧客に提供する外貨預金の金利などに比べて、

はるかに高い銀行間の金利市場の水準を基に計算されますので、円の分の金利支払を差し引い

ても、外貨預金よりもお得な場合が多いのです

 2006年4月現在の数字で、銀行での外貨預金の水準とスワップポイントの差を比較してみま

しょう。日本の大手銀行A社のドル円1か月物外貨定期預金の金利は2.3%(3万ドル未満の

年率)。これに対し、ドル円の1万ドル買いポジションによるスワップポイントは、1日当たり154円

の受け取り。年間に直すと5万6210円。1ドル115円で計算して、4.9%にもなります。何とその

差が1.7%もあるのです。銀行の外貨預金の金利が低すぎるということもありますが、スワップ

ポイントの優位性がわかると思います。

 

「スワップポイント」は長期に取引する場合に特に注意が必要

 ただし、スワップポイントを考える場合、2つのことに注意する必要があります。

 まず、スワップポイントはあくまで通貨間の金利差によって生じるということ。どちらかの金利

水準が変化すれば、スワップポイントも変わってきます。

 現在、ほとんど金利のつかない円であっても、1990年代前半のようにドルより金利が高い時代

もありました。仮にそうなった場合、スワップポイントはドル円を買った場合に支払いになり、ドル円

を売った場合に受け取りになります。長期間にスワップポイントによる収益を期待して取引を行った

時に、金利水準の変化によって期待どおりの収益が得られないというリスクがあります。

 2つ目は、レバレッジの問題です。スワップポイントは、もともとの投資金額に関係なく、取引金額

に対して計算されます。例えば、5万円預けて1万ドルのドル円の買いポジションを持ち、1年間

維持したとします。その時に受け取るスワップポイントは、金利水準が4月から変わらなかったと

すると5万6210円で、スワップポイントだけで1年で資金が倍以上になる計算です。しかし、こうした

取引は非常に大きなリスクを伴います。

 5万円で1万ドルのポジションを持った場合、強制的にポジションが閉じられるまでの余裕は3円

しかありません。年間20円近い値幅があることが普通のドル円において、3円の余裕で1年間持ち

続けることができる可能性は、残念ながら低いと言わざるをえません。

 評価損が膨らんできたら、資金を追加すればいいという考え方もありますが、どこまで相場が

進むのかの予想は非常に困難です。例えば、1995年の1ドルが80円割れまでドル安が進んだ時

の様に、果たしてそこまで資金を追加する余裕があるのかという問題になります。また、80円まで

ドル安が進んだとして、そこで止まる保証もありません。

 基本的に、値動きのリスクのほうがスワップポイントによる収益を上回ります。長期的にスワップ

ポイントを狙いにくい場合はレバレッジをかなり低めにして、資金的にも余裕を持つことが必要

です。さらに、かなり長期で持つことで、スワップポイントによる収益が積み上がって損をする

リスクは低くなっていきますが、ゼロではないことも意識しておく必要があるでしょう。