FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > 「外国為替市場」の性質とトレンドを知ろう > 「季節別」の外国為替市場の特徴を知ろう

「季節別」の外国為替市場の特徴を知ろう

★1年を通して見ると取引には各月ごとに特徴がある

 例えば日本では、3月末に決済をする企業が多く、また欧米では、12月に大半の企業が

クリスマス休暇を必ずとるなど、1年を通して見ると色々な特徴があります。この影響を受け、

外国為替市場も季節ごとに毎年似たような動きをします。前節に続いて本節では、これら

「季節別」の特徴を具体的に見ていきましょう。

・2~3月

 円買いの注文が目立って増えてきます。これは、3月末の日本の会計年度末を前に、

日本企業が海外の資金を円に戻す作業 (リバトリと呼びます) を行っていることなどが

原因です。また、2月には外貨権債券の利払いがあります。外貨権債券は四半期ごとの

利払いがあることが多く、2,5,8,11月にそれぞれクーポンが支払われます。そのクーポン

益の円への転換 (円転) もあるので、円買い注文が目立つことのなります。

・4~5月

 会計年度を過ぎた4月からは、企業の新規取引が目立ち始めます。その年々の状況に

よっても変わりますが、機関投資家などからの外債投資も活発に入ってくることが期待され

ることから、ドル買いの材料が強まる月になると言われています。ゴールデンウイークに向け

たドル買い注文が増えてくるのも、この月の特徴です。

・8月

 日本がお盆休みで取引が少なく動意にかけた展開になりやすい時期です。欧米のデイー

ラーも夏季休暇をとっておr、参加者が少なくなりがちで、夏枯れ相場という動きの少ない

展開が続くことが多くなります。

・11月

 2月と違い、欧米企業が海外の資金を自国に戻す作業が目立ち始めます。欧米企業は

12月が会計年度末であることが多く、クリスマス前に会計作業を終わらせるためにも、11

月下旬あたりに固まってリパトリを行う傾向にあります。

・12月

 8月以上の市場参加者が減ります。クリスマス休暇を取っている市場参加者が多く、銀行

の陣容もかなり手薄になります。また、企業も会計年度末を控えて大規模な損益のブレを

嫌うので、取引を控える傾向にあり、個本的に相場は膠着状態になります。

 以上が各月ごとの外国為替市場の特徴ですが、これは、一部の傾向を示したものに

すぎません。例えば、日本企業の会計のリパトリやクーポン収入の円転が入り、円高に

振れやすいとされる2月ですが、それ以上にドル買いの材料が出れば、もちろん相場は

ドル高円安になります。10月のデータを見てみると、ドルが上がるか下がるかは5対5

という結果になっています。あくまで中立よりややこちらの方向に圧力がかかるという

程度の認識にとどめておきましょう。