FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > 「外国為替市場」の性質とトレンドを知ろう > 「時間別」の外国為替市場の特徴を知ろう

「時間別」の外国為替市場の特徴を知ろう

★時間帯によって取引量に差がある

 様々な参加者が、それぞれの理由で外国為替取引を行っていく中には、「時間別」に

よる要因や「季節別」の要因が生まれることがあります。そうした要因を知ることで、上がるか

下がるか5割の確率を、ちょっとだけ高めることができます。

 まず、時間帯による取引量の特徴から確認してみましょう。

・取引量が最も多いのは東京の夕方から深夜にかけての時間帯

 外国為替市場は24時間眠らないとはいえ、その大元になる銀行間取引を見てみると、

取引時間帯によって取引量にかなりの差が有ります。最も取引の多い時間帯はロンドン

時間と呼ばれる東京の夕方から深夜にかけてです。

 この時間帯は、ロンドンをはじめとするヨーロッパ全域の銀行が活発な取引を行っています。

東京、香港シンガポールといった国のデイーラーも途中まで残っていますし、朝の早い

ニューヨークの銀行は途中から参加してきます。

 そのため、アジア、ヨーロッパ、アメリカ3極すべてのデイーラーが一堂に会することになり

取引量もそれに比例して増えます。

 また、欧米の通貨当局からの発言や経済指標など、相場を動かす材料もほとんどがこの

時間帯に集中しています。ヘッジファンドなどの大口注文も、こうした流動性の高いところを

狙ってきますので、最も動きが出やすい時間帯と言えます。

・1日の中にはキーポイントとなる時間がある

 取引量が多い、少ないといった時間帯のほかにも、1日の中ではキーポイントとなる時間帯

があります。以下、その時間をまとめておきます。

  ・午前9時55分

 この時間は東京ごんこうの仲値が発表されます。仲値とは、銀行の窓口で両替する際に

その日の基準となるレートです。

 海外旅行などのために現金やトラベラーズチェックが必要な個人はもちろん、外貨預金

や外貨建債券、さらには小口の貿易の決済などにも利用されます。

 額が大きくなりがちな企業の決済に関しては状態的に為替が発生する輸出入業者などは

仲値ではなく、その時々のレートをつかうことが一般的です。それに対して、物品の購入など

で一時的に決済の必要が生じた企業などは仲値で決済を行うことが多く、たいていはドル買い

円売り方向が多くなります。また、個人の海外旅行や外貨預金などの両替需要もドル買い

方向の人が多いため、基本的には仲値はドル買い円売りとなります。特に企業の決済日に

なりやすい、いわゆるゴトウ日や月末は大量のドル買いが出ることがあり、ドルが買われ

やすい時間帯です。

  ・午後3時

 次に特徴的なのが午後3時です。これはオプション取引の 『東京カット』 と呼ばれる

行使期限の時間です。午後3時をもって、その日の東京市場の行使期限のオプションが

消滅するため、それまでの動きが一変することがあります。

 オプションには多種多様なものがあるので、ひと言で説明するのは難しいですが、例えば、

期限までに120円を付けなければ利益がもらえ、逆に付いてしまうとその権利がなくなる

というオプションがあります。今のレートが119円台だとすると、このオプションを持っている

参加者は、何とか付けないように119円90~99銭の水準でドル売り注文をいれてきます。

 しかし、そうした動きは午後3時を過ぎてオプション自体がなくなると、もう出ないものです。

そのため、今まであった売り注文が一気になくなってしまうどころか、それまでに売った分

の買い戻しまで出て一気に上昇することもあります。

  ・午後9時半                                                           次に注目は午後9時半 (米国が冬時間採用時は午後10時半) です。この時間帯は、米国

の主要な経済指数が発表されます。市場の注目度の高い米国の雇用統計や貿易収支など

は、それまでの市場の動きを一変させることもあるので要注意です。

  ・午後11時

 さらに、午後11時 (冬時間採用時は午前0時) です。この時間は、オプション取引の

『ニューヨークカット』 と呼ばれ、ほとんどのオプション取引は午前3時か午後11時のいずれ

かを選択して期限がきめられます。特徴は午後3時と同じです。ただし、ニューヨークの取引

の方が、東京カットよりもオプションの取引量が多くなる傾向があり、より注意が必要です。

  ・午前0時

 最後に、午前0時 (ロンドン冬時間採用時は午前1時)。これは、ロンドンフィックス (仲値)

とも呼ばれ、投信の設定などの際の基準となるレートによく使用されます。クロス円での利用

が多いとも言われており、まれに、ドル円、クロス円などがこの時間帯に合わせて大きく買い

進まれることがあります。