FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > FX初心者に適した「通貨ペア」とは? > 「スワップ狙い」の通貨ペアの注意点

「スワップ狙い」の通貨ペアの注意点

★高金利通貨とのポジションが人気となっているが・・・

 値動きによる損益狙いが本道とはいえ、何年といった長期投資を考えた場合、「スワップ

ポイント」が大きな魅力を持っていることは事実です。ゼロ金利が続く円に比べ、外貨には

かなりの高金利が付く通貨もあります。そうした高金利通貨を買って低金利の円などを売る

取引は、ヘッジファンドなど海外の大口投資家が、1990年代から活発に行うようになりました。

 日本でも、外貨預金でニュージーランドドル預金などが人気を集めるなど、高金利通貨に

対する投資は注目を集めています。1998年の法改正によって誕生して以降、急激に市場を

拡大する外国為替証拠金取引市場においても、英ポンドやオーストラリアドル、ニュージー

ランドドルといった高金利通貨買い円売りの取引は、かなり人気のポジションになっています。

 ただし、前にも触れたように、値動きのリスクには注意が必要です。例えば、高利で人気の

ポイントですが、1年間のスワップポイントによる期待収益が1ポンド当たり9円程度なのに対し

、年間の値幅が30円以上あることが珍しくありません。50円以上動いた年もあるぐらいです。

 また、10万ポンドの買いポジションで、年間90万円弱のスワップポイントを期待したとします。

もし持った所から30円円高に進んだとしたら、評価損は300万円まで膨れ上がります。しかも、

そのあと戻るという保証などありません。スワップポイントは、取引金額を増やせば増やすほど

受取りも支払いも増えますが、同時に、寝動きによるリスクも同じだけ増えているのです。

高金利通貨といっても、値動きが本格的に逆にいった場合は、スワップポイントでは到底

カバーできない損がでる可能性があることを忘れてはいけません。

 また、値動きに関してみると、高金利が人気になって買いが出やすいため、上昇する期待が

強そうに感じます。しかし、長期的には、そうした図式はあてはまりません。金利が高い国は、

それだけ物の値段も上がりがちです。モノの値段を介した購買力平価から考えてみましょう。

 A国は金利が0%、B国は金利が10%、レートは1A=1Bで、リンゴ一個の値段も1A=1B

です。1年後には1Aはそのまま1A、1Bは金利が付いて1.1Bになっています。リンゴの値段

もB国では、1.1Bになっているはずです(でないと誰も物を作らない)。リンゴの価値が変わる

わけではありませんから、リンゴを介するとレートは1A=1.1Bになっていることがわかります。

A通貨高B通貨安です。

 実際には、短期的に金利は世界の資金を集める要因になり、ここまで単純ではありません

が、歴史的に見ても、高金利通貨=恒常的な通貨高にはなっておらず、どちらかというと

売られ気味であることは意識する必要があります。