FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > FX初心者でも大丈夫? > FXの魅力を見てみよう

FXの魅力を見てみよう

ここでFXの魅力を見てみましょう

 

①少ない資金で大きな金額のとりひきが可能

預け入れた資金を証拠金という形で担保として利用することによって、

もともとの資金よりもはるかに大きな金額の取引が可能になるという

のが、外国為替証拠金取引の大きな特徴です。

 

預け入れた金額と実際の取引額の比率を 『レバレッジ』 と言います。

レバレッジとは、テコの原理のことです。少ない元手でも、レバレッジ 

「テコの原理」を利用することで、大きな金額の取引が可能になるので

す。最初の5万円を預け入れて、1ドル115円の時に1万ドルの取引を

行ったとすると、5万円で115万円分の取引を行うわけですから、レバ

レッジは23倍ということになります。

 

値動きによる差損益や、スワップポイントと呼ばれる通貨間の金利差の

調整分の受け払いは、取引金額によって決まってきます。そのため、レ

バレッジを高めることで、もともとの資金に対して大きな損益がでること

になり、投資における資金効率が非常に優れていると言うことができます。

 

②同じ外資投資である外貨預金などに比べて、手数料が格安

外貨預金の場合は、一般的に 『仲値』 と呼ばれる午前」10時のレート

を利用して取引が行われます。その際、外貨預金を始めるためにドルを買

う場合は、『TSS』 と呼ばれる仲値から1円円安のレートが使われます。

逆に、外貨預金を日本円に戻すためにドルを売る場合は、『TTB』 と呼ば

れる仲値から1円円高のレートが使われます。

 

すなわち、取引を始めてから決済するという一連の流れの中で、1ドル当

たり2円分のコストが必要になります。ただ、この2円という数字はドルの

場合のコストで、取引量が少ないポンドなどにういては8円というコストが

必要になってきます。

 

これに対して外国為替証拠金取引では、1ドル当たりの手数料は無料か

ら10銭程度です。「無料だったら、取引業者はどこで儲けるの?」という疑

問がわくかもしれませんが売値と買値の間に5銭程度の差 (スプレッド) 

があり、その中で取引業者は収益を得ているのです。このスプレッド分を

手数料に換算しても、外貨預金の40分の1の手数料で取引が可能なので

す。外貨預金のように、取引に1ドル当たり2円ものコストが必要ならば、為

替の値動きで収益を得るというのは、なかなか簡単ではありません。

 

それに対して1ドル当たり5銭程度しかコストがかからないのであれば、すこ

しの値動きでも収益を得ることができるため、外国為替証拠金取引は積極的

な売買が可能になるのです。

 

③24時間いつでも取引ができ、サラリーマンやOLもアフター5に気軽にできる

外国為替市場には、基本的に取引所と言うものがありません。世界中の

銀行による外国為替取引を行う為のネットワークの事を、インターバンク

市場(銀行間の外国為替市場)と呼び、電話やネットを通じて24時間、世

界中のどこかで取引が行われています。

 

外国為替証拠金取引も、インターバンク市場のレートをもとに取引業者が

利用者にレートを提供し、取引を行います。そのため、24時間いつでも好

きな時に取引が可能です。

 

株式市場のように、昼間しか開いてない市場では、会社に勤めているサ

ラリーマンやOLの人が市場の流れを見ながら積極的に取引をおこなう事

は、なかなか難しいと思います。

 

しかし、24時間いつでも取引が可能な外国為替証拠金取引であれば、好

きな時間に好きなだけ取引が行えます。しかも、日本のサラリーマンやOL

の方が勤めから帰ってくる夜の時間帯は、ロンドンとニューヨークの参加者

がともに取引を行う、1日のうちで最も取引が活発な時間帯です。そのため、

個人の投資家が取引するのに最適と言えます。

 

これら3つの魅力の他にも

●高金利通貨を買って低金利通貨を売ることで、「スワップポイント」と呼ば

 れる金利差による収益を獲得することができる

●市場の流動性が高く、やめたい時にいつでも取引を決済することができる

●売り、買どちらからでも取引が始められるので、自分の相場見通しに従っ

 て自由に取引が可能である

●世界情勢や世界経済の動向によって相場が変化するので、取引を行うこ

 とで、それらの情勢に詳しくなれる

 

以上のような参加者にとっては有益な特徴があり、これらの特徴によって

FXは誕生以来、急速に市場を拡大していったのです。 

 

 

 

 

【初心者のためのFX講座 外国為替証拠金取引について】