FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > 「FX」で儲ける為のコツ&ポイント > 「ディーリングシート」を作成して勝敗を把握する

「ディーリングシート」を作成して勝敗を把握する

★投資の勝率を上げる手助けとなる

 取引をきちんと検証し、次の取引に生かすためには、取引に際して記録をきちんと残す

必要があります。それが「ディーリングシート」の作成です。

 売買記録などに関して言うと、そこの取引会社であっても、取引システムなどから確認

することができる場合がほとんどです。単純に、自分の保有ポジションを管理し、勝ち負け

を確認するだけならそれだけでも十分です。

 しかし、長期にわたって勝率を高めていくためには、取引に関するより詳細な情報を残し、結果を

分析することで、その後の取引の注意点としておくことが必要となります。

 シナリオを作成してポジションを持ったら、単にレートや数量、売買を記録するだけでなく、「なぜ

そのポジションを持ったのか?」「当初のリミットとストップの想定はいくらであったのか?」なども

シートに記入します。

 そして、「結果はどうなったのか?」、当初のストップやリミットと違った場合は「なぜそうなった

のか?」「取引期間中に特記すべきことはなかったか?」「もしリミットやストップの設定を変えて

いればもっと儲かる道はなかったのか?」「あったとすれば、なぜそうした道を当初選ばなかった

のか?」などを記録し、自分なりに分析します。

 はっきり言って、取引を詳細に記録し、過去を振り返って分析する作業というのは面倒くさい

ものです。「負けた取引など思い出したくもない」という気持ちがあって当然です。しかし、最終的

に収益を残していくには大切な作業です。

 人間は、悪いことはよっぽどのことでないとすぐに忘れてしまいがちです。損が出てはじめて

「そう言えば、前にも同じパターンで負けたことがあったな・・・」などと思い出したりします。

 もちろん、詳細に取引記録をtけ、色々な角度からしっかり勝敗の分析をしたところで、勝ち

続ける、あるいは負けることが全くなくなるというわけではありません。しかし、デイーリングシート

を作成することで、自分の勝ちパターンや負けパターンを把握することができ、少しでも勝率を

向上させる手助けとなります。

 面倒がらずに必ず記録をつけて、自分の勝ち負けのパターンを分析してください。