FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > 「FX」で儲ける為のコツ&ポイント > 「マネーマネジメント」を徹底しよう

「マネーマネジメント」を徹底しよう

★想定の範囲内の損失なら、負けにならない

 前回まで、「FX(外国為替証拠金取引)とはなにか?」といった基本から「市場や通貨の

特徴に至る外国為替に関する知識」、さらには、「ファンダメンタル、テクニカル両面からの

相場分析方法などを見てきました。

 継続して利益を上げていくためには、もちろんこうした知識や分析力を高めていくことも

大切ですが、もう一つ、「リスクを適切にコントロールしていくという知識」が必要になります。

 「実際の相場で儲けていくにはどうすればいいのか?」、そのために必要となるリスク管理

について具体的に考えていきましょう。

 どんな方法をとっても儲かればいいという考え方もあります。それこそコインの裏表で売り買い

を決めてもそれが当たれば儲かるわけですが、これでは継続的に収益をあげていくのは不可能

です。

 また、相場分析力が向上して、10回の取引のうち9かいまでが成功したとしても、残り1回で

プラス分を全て吹き飛ばしては意味がありません。かと言って、損が出たらすぐにカットしていては

勝率そのものが上がってこないでしょう。

 さらに、自己資金のいっぱいいっぱいまで取引を行ってしまえば、評価損の耐えるだけの体力

がなくなってしまいますし、安全に取引しすぎると資金効率は悪くなります。

 最終的に収益を残すには、自分が目標とする収益に対して、適切なリスクをとり、損失を限定

させながら、トータルで儲けを出すという資金管理面での戦略が必要になります。取引を行う

中でのこうした資金管理を、『マネージメント』と言います。

 取引する人によって、目標額も許容できるリスクも違う中、万人に適した理想的なマネージメント

方法というものはありません。そのため、各人の状況に合わせて、最適なマネージメントを模索

していくことになります。

 そこで、まず重要になるのが、目標とリスクに対する覚悟をはっきりさせることです。どの程度

の収益を期待して取引を行うかは人それぞれです。また、取引にかけることのできる時間やお金も

違ってきます。そうした違いによって、とるべき適切なリスクは変わってきますし、取引手法や期間

なども変わってきます。

 自分が外国為替証拠金取引を行うにあたって、最終的にどのような収益を目指していくのか

という長期的な目標を設定し、そのために最大どの程度の損失までを覚悟するのかというリスク

許容度を定めることが大切になります。

 そして、全体の目標とリスクを確認することで、一回一回の取引における期待収益と最大損失

をどの程度見積もればいいのかなどもわかってきます。それに合わせて、投資期間や投入

すべき金額も決まってきます。

 全体の目標が確定し、それに沿った取引を行うことで、一回の取引で全て失ってしまうという

ことは避けられます。

 評価損を確定させるのは誰しも嫌ですが、取引を続けていくうちに思惑と違う方向に相場が

動くことは必ずあります。

 そうしたときに、全体の目標と許容リスクを把握することで、個々の取引で損失を確定させて

しまっても、その後取り返すチャンスは十分にあることを理解できます。

 さらに、全体の目標とリスクを意識することで、取引を後押ししてくれるという面もあります。

ポジションを取ると言うことは、損をするリスクを背負い込むということでもあるのです。例えば、

勝っている時はいいのですが、負けが続いたときなどはどうしても取引に慎重になってしまい

ます。

 損失を恐れてポジションを取ることにためらいが生じて、本来ならば儲かっていた相場で

儲け損なう、それどころか、タイミングがずれて損失をこうむってしまうという例もよく耳にします。

 もちろん、負け込んだときにその理が分析不足や取引手法の問題であれば、いったん

休むのも手ですが、相場に絶対ということがない以上、ふつうにやっていてもうまくいかない

ことはよくあります。

 そんな時こそ、全体の目標とリスクを意識し、想定の範囲内の損失であることを確認すれば、

過度に取引に慎重になることを避けることが出来ます。