FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > 「チャート」を分析して予想に活かすとっておきの方法 > 「トレンド系分析」&「オシレータ分析」とは?

「トレンド系分析」&「オシレータ分析」とは?

★一般に『トレンド分析』は中長期、『オシレータ分析』は短期の予測に使われる

 チャートを分析することで、為替レートの動きを予測することを「テクニカル分析」と言い

ます。チャートは過去の市場の動きを示すものなので、テクニカル分析でやろうとすること

は、過去の市場の動きから現在のトレンドを確認し、今後の状況を予測することといえます。

 テクニカル分析は主に「トレンド系」と「オシレータ系」の二つに大別されます。

『トレンド系』 とは、全体的なトレンドを読もうとするものです。為替レートが上昇(下降)すると、

トレンド系の分析指標も、それに合わせるように上昇(下降)します。トレンド系の分析指標と

しては、『移動平均線』 『ボリンジャーバンド』 などがあります。中でも移動平均線は、トレンド系

分析の代表格として有名です。

『オシレーター系』 とは、変化の大きさを見るものです。為替レートの変化の幅が大きくなれば

なるほど、オシレーター系の分析指標の値も大きくなります。

 一般に、為替レートをはじめとする市場は変化しながら推移しますが、その変動幅はある程度

一定と考えられています。 

 そこで、為替レートの変化幅が極端に大きい時、言い換えると、オシレーター系の分析指標

の値が極端に大きくなった時、為替レートの変化は行き過ぎであると判断でき、為替取引の

タイミングを考えるのに役立ちます。

 一般に、トレンド分析は、中長期的、オシレーター分析は、短期または目先の予測に使われる

ことが多いとされます。

 相場は、流れに沿うというのが基本ですから、オシレーター系分析はトレンド系分析の副次的

な指標とも言われています。

 相場に明らかなトレンドがある場合は、トレンド系分析が有効であり、逆にトレンドがなく横ばい

トレンドの時には、オシレーター系分析が活躍します。