FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > 「チャート」を分析して予想に活かすとっておきの方法 > 「チャート」を使いこなそう

「チャート」を使いこなそう

・ローソク足なら為替レートの動きがひと目でわかる

 『チャート』とは、為替レートの動きを一定の時間帯で区切ってグラフ化したものです。

通常、グラフの横軸に時間帯を、縦軸に為替レートを示します。

 チャートの横軸で用いられる時間帯としては、1分、5分、15分、60分、1日、1週間、

1ヶ月、4半期 (3ヶ月)、1年があります。こうした時間帯によって、チャートには名前が

つけられています。例えば、1日ごとの為替レートの動きを表すチャートは 『日足』、1週間

の場合は 『週足』 1ヶ月の場合は 『月足』、となります。

 チャートの格時間帯で示される為替レートは一つだけではなく、『始値』 『終値』 『高値』

『安値』 の四つの為替レートが示されます。

 『安値』とは、格時間帯のスタート時の為替レートの値で、『終値』 とは、格時間帯の終了時

の為替レートの値のことです。

 例えば横線の時間帯が60分の場合、2~3時の間の始値と終値は、2時00分の為替レート

が始値となり、2時59分の為替レートが終値となります。

 『高値』とは、格時間帯で最も高いレートで、『安値』とは、最も安いレートを意味します。

 チャートでは、こうした四つの値をひとmwで分かるようにするため、『ローソク足』 という

記号を使います。

 ローソク足とは、『実態』 と呼ばれる太い部分と、『ひげ』 と呼ばれる上下に突き出た線で

構成されます。

 実態はレートの値上がり、値下がりを示します。つまり終値が始値より低い場合、実態は

黒塗りとなり、これを 『陰線』 と呼びます。

 ひげはかく時間帯の高値と安値を示します。 

 例えば、為替レートが上昇する傾向にある場合、ローソクの足は白抜きの陽線が多く出ます

ので、チャート全体が白っぽくみえます。

 一方為替レートが下降する傾向にある場合、チャート全体が黒っぽくみえます。

 また、ローソク足はいくつかのパターンがあり、そのパターンを見ることで今後の為替レート

の動きを予測する手がかりを与えてくれます。

 例えば、上に長いひげを持つ場合 (上ひげ) や、下に長いひげを持つ場合 (下ひげ) には、

為替レートはエネルギーを使い果たし価格が元に戻ってきたことを意味すると考えられるので、

一定期間以上、上昇・下降の後に長い下ひげや上ひげが出た場合は、重要な相場の転換点

になるケースがあります。このケースに該当するローソク足のパターンを 『カラカサ』 と

称します。

 長い下落トレンドの後、底値で陽線のカラカサが出た場合、安値から反発して上昇トレンドに

入るケースが多いようです。

 また、高値圏で陽線が出た後、陰線のカラカサが出た場合は、天井を形成し下落トレンドに

入るケースが多いようです。また、始値と終値が一致した場合、始値と終値でエネルギーが

どちらかに偏った後、最終的に売り方と買い方のエネルギーが拮抗して元の値段に戻って

きたと解釈されます。

 このため、売りと買いが激しく攻め合っていて、相場の転換を示唆しているケースが多いと

かんがえられます。

 ひげが全てなく、実態部分が白い陽線の場合は、始値がその時間帯の安値、終値がその

時間帯の高値を意味しますので、為替レートは始値から終値まで上昇を続けたことを意味します。

 また、実態部分が黒く、陰線だが実態部分が短く、ひげが上下ともに長い場合は、為替レート

が上下に動いた結果、最終的には為替レートが下降したことを意味します。

 このほかにも、ローソク足はいくつかパターンがあり、格パターンに名前がつけられています。