FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > 「経済指標」をしっかり理解して相場予想に活かせ! > 「経済指標」を見る際に欠かせない三つの数値とは?

「経済指標」を見る際に欠かせない三つの数値とは?

★まずはデータの種類をしっかり理解する

 「経済指標」は、経済状況を示す数値データで構成されていますが、データには、「現数値」

「指数」「季節調整値」の三種類があります。

 経済指標を利用する際には、示されているデータなどの種類であるかをきちんと理解して

おく必要があります。データの種類を理解しないまま経済指標を利用すると、指数が示す

経済状況を誤解する恐れもありますので、ここできちんとマスターしましょう。

・原数値

 データになにも調整、加工を施していない数値を意味します。通常、経済活動から得られた

データをそのまま統計値とそたものを原数値としますので、まさに生きたデータと言えます。

例えばテレビの販売価格が15万円、りんごの価格が150円だとすると、15万円、150円が

原数値となります。

・指数

 同種の数値の大小を比べる際に用いられるもので、ある基準に対する比率を示したものです。

データの大きさや単位に重要性がなく、データの変化に注意を払いたい時に用いられます。

 例えば、さきほどと同様にテレビとりんごで考えてみましょう。テレビは去年10万円でしたが、

今年は15万円になったとします。一方りんごは去年100円でしたが、ことしは150円になった

とします。去年から今年の変化幅は、テレビが5万円、りんごが50円となります。

 変化幅そのものを見ると、テレビはりんごの1000倍もの変化をしたことになります。

 しかし、これは単にテレビの価格がりんごの価格の1000倍だからです。去年から今年に

かけての変化率を考えると、テレビ、りんごともに50%増であり、両者とも同じ割合で変化した

ことがわかります。

 このように、価格の水準ではなく変化に注目したい場合、原数値データを使ってしまうと、

もともとのデータの規模の違いなどによって誤った解釈をする可能性があります。また、

販売価格の単位は、日本で販売されていれば円になりますから、あえて原数値を利用する

必要もありません。

 そこで、価格などの場合は原数値ではなく指数を利用します。先の例で見ると、去年の価格

を基準とすると、今年の価格はテレビもりんごも150となります。指数を使うことで、去年から

今年の価格の変化は、どちらとも同じであることがわかります。

・季節調整値

季節調整値は、数値から季節変動値を取り除き、データを経済の実勢の近づけた形で利用

するものです。着せ値変動とは、『天候』 『取引習慣(お中元、お歳暮など)』 『社会習慣

(お正月、クリスマスなど)』 によって、毎年ほぼ同じように観察される規則的な動きのこと

を意味します。

 例えば、チョコレートの動きをかんがえてみましょう。ご存知のとおり、チョコレートの売上高

はバレンタインデーがある2月に最も高くなりなす。このため、チョコレートの売上高を原数値

よ指数で見ると、1~2月にかけては増加幅よ増加率は非常に大きくなり、2~3月にかけては

減少幅や減少率が非常に大きくなります。この場合は、いくつかの統計的手法を駆使することで

季節変動を取り除いた季節調整値で売上高をみるのが適切です。

 通常、経済統計の多くには、原数値とともに季節調整値の公表されるので、自分で統計的

手法を使って季節調整値を作成する必要はありません。

 なお、経済指標の中には、季節調整値が公表されない場合もありますが、この場合は

季節変動があまり大きくないにで、原数値もしくは指数を利用することで問題ないと考え

られるでしょう。