FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > 「経済指標」をしっかり理解して相場予想に活かせ! > 「経済指標」とはなんだろう?

「経済指標」とはなんだろう?

★経済の現状や過去からの変化を正確に把握できる

 為替レートは、各国の経済状況に応じて変化します。このため、外国為替取引をする人

の多くは、各国の経済状況ならびに将来の動向を予測することで、為替レートの今後の

方向性を推測します。

 経済状況を把握する方法はいくつかあります。例えば、デパートやスーパーに買い物に

行くことで、販売されているモノやサービスの価格、つまり物価を知ることができます。銀行

に行けば、普通預金や定期預金の金利を知ることができます。また、企業の経営者と話を

することで、日本のビジネスが活発になっているか、もしくは停滞しているか、つまりその国

の景気を知ることができます。

 ただ、自らの為替取引のためとは言え、多くの労力を使ってこうした調査をすることは現実的

ではありません。また、日本の場合ならともかく、アメリカやヨーロッパなど諸外国の経済状況

を調べることは、労力、時間、コストが多大なものとなり、満足のいく調査をすることは現実的

に不可能でしょう。

 そこで、為替など金融取引をする人の多くは、各国の経済状況を把握する為、自ら調査する

のではなく、 『経済指標』 を利用します。経済指標とは、経済状況を構成する要因 (物価

金利、景気、貿易) を数値化したもので、経済状況ならびに過去からの変化を把握することを

可能にします。

 経済指標を使うメリットの一つは、感覚ではなく、数値という客観性を持って経済状況を把握

できるということです。数値データを使うことで、 「現状がどの程度の水準なのか?」 「過去

と比較して改善しているか、あるいは悪化しているか?」 「どの程度変化しているのか?」

などが理解できます。

 経済指標の多くが、政府などの公的機関で作成、公表されているため、調査が公平かつ

公正に実施され、結果の正確性が高いのもメリットです。

 もちろん、公的機関が実施しているとはいえ、調査に測定誤差がつきものです。しかし、

経済指標を利用することで、より正確に経済状況を把握することができます。

 経済指標には、GDPなどの景気全体を対象にしたもののほかに、物価、金利、貿易といった

経済状況を示す個別要因を対象にしたものもあります。

 このため、経済指標数は、経済状況を示す要因が多々あることもあって、一つの国だけでも

数十個存在します。

 特に経済規模の大きい米国や日本の経済指標の数はとても多く、米国の場合、主どったもの

だけで100近くになると言われています。  

 ただ、為替取引を目的に経済指標を利用する場合、すべての経済指標に目を通す必要は

ありません。為替市場が注目する経済指標は、数が多い米国でも10個程度です。

★正確に把握するには公的機関や専門的なウエブサイトがお勧め

 経済指標の内容を確認する際には、できるだけ正確な情報ツールを利用すべきでしょう。

新聞よテレビといったマスコミでは、経済指標が発表された翌日に、結果に要約を報道する

ことがあります。

 しかs、こうしたマスコミ報道は、あくまで経済統計の結果の要約であり、また、指標が発表

されてから時間がたっているため、すでに為替取引にとっては織り込み済みで、有益な情報

とはいえない場合がほとんどです。

 やや面倒かもしれませんが、経済指標の内容を把握する際には、経済指標を公表している

政府などの公的機関のサイトか、正確に取り扱っている専門的なサイトを利用することを

お勧めします。