FX初心者の方にFXの基本や特長、仕組みを分かりやすくご説明します。

TOP > 「FX」で儲ける為のコツ&ポイント > 5勝5敗でもプラス、9勝1敗でもマイナス・・・?

5勝5敗でもプラス、9勝1敗でもマイナス・・・?

★最初に『利食い&損切り』のポイントを設定して、必ず守る!!

 ポジションを持つということは、収益への期待もありますが、損をするリスクも抱え込む

ということです。相場の予想が100%当たればいいですが、そんなことは不可能です。銀行間

で為替取引を行う、いわゆるプロのディーラーでも勝率は6割程度といわれています。

 上がるか下がるかしかないのですから、本来の確率は5割、プロでもそれを1割上乗せする

ことができる程度ということです。もっとも、巷には勝率9割以上を誇る投資家も多数います。

 では、勝率6割そこそこの投資家と、9割以上の投資家、最終的にお金を残すのはどちらで

しょう?状況にもよりますが、勝率6割の投資家のほうがお金を残す可能性が高いと思います。

それは、9割以上の勝率を残している取引では、マネージメントがきちんとできていないケース

がほとんどだからです。

 10回取引をおこなって9回勝ったとしても、残り1回で勝ち分を全て吹き飛ばしてしまっては

意味がありません。相場が予想と逆に進んで評価損が膨らんでも、じっと耐えて相場の反転を

待てば、決済ベースで勝率9割を超えることは容易です。しかし、それでは耐え切れない水準

まで相場が逆に行ってしまえば、それまでの勝ち分が全て吹き飛び、さらにマイナスになることも

考えられます。

 逆に、たとえ5割の勝率であっても、勝った1回当たりの平均勝率額が、負けた時の平均に

比べて大きければ、トータルはプラスとなります。

 相場に絶対がない以上、見通しが外れることは必ずあります。また、予期せぬ出来事により

大きく損失が生じることもあります。

 こうした中で、トータルで利益を出していくには、一回一回に取引において、事前に目標水準

(利食い)と損切りの水準を決めてしまうことです。

 評価損を確定させるのはだれでも嫌なものです。しかし、評価損が出ているということは、

相場の見方に何らかの誤りがあったということです。そうした状況でポジションを待ち続けるのは

大変危険です。 また、株式投資のようみ、投資金額=取引額ならば、損が出てもそのまま放置

しておくいわゆる "塩づけ" も可能ですが、外国為替証拠金取引の場合、まとまとの入金額に

レバレッジをかけてより多くの金額の取りh機を行うので、相場変動による損失が入金額を超えて

しまう状況も考えられます。

 そのため、最初に利食いと損切りのポイントを設定しておくことで、致命傷となる損失を避け、

トータルでプラスを残すという発想をもつのです。そうすることで取引全体のリスクを軽減し、

収益を残す可能性を高めます。

 損切りが付いた後に相場が反転し、悔しい思いをすることもあります。これっばかりはどんなに

損切りに工夫をしても避けられません。しかし、それでま長い目で見れば損切りを付けた方が

トータルではプラスです。損切り画付いて反転した場合は、それがなぜ起こったのかを検討し、

次回以降の取引に生かすこともできますが、ストップを置かなかった場合は、一回で投資資金

を失い、市場から退場ということにもなりかねません。

 相場予測の精度を高め、5割の勝率を6、7割にしていく努力は大切でそが、それでも3,4割

は損が出るものという意識は、必ず持っておくべきでしょう。