引越しについてのお得な情報満載!!

TOP > 引越し役立ちコラム > 寒冷地区へ引越しするとき

寒冷地区へ引越しするとき

寒冷地区仕様車について

 

寒冷地区仕様車とは、寒冷地での使用を考慮した部品を組み込んだ

自動車のことをこう呼びます。例えば、東京から北海道への引越しをす

るという場合は、必要となってきます。

雪国に対応できるように、装備を変更しておきましょう。

 

具体的な仕様例

①バッテリーの大容量化(バッテリーの大型化、または2個搭載)

②ヒーター付きのドアミラー(鏡面の曇り防止)

③ワイパーの強化(柔らかいゴムの使用やワイパーモーターのパワーアップ)

④リアヒーターの追加(暖房力をアップ)

⑤ボディ下部にサビ止めを塗装(凍結防止剤によるボディ下部の腐食防止)

⑥リアフォグランプ(吹雪時など後続車へ注意を促し事故を防止するため

⑦ラジエーター液の濃度をアップする(ラジエーター液の凍結防止など)

※同一メーカーでも車種によって内容が異なる場合があるので

 内容をよく確認しておきましょう。

 

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンは当然のことながら必須アイテムです。

また突然、大雪が降り出すこともあるので、スコップを積んでおくと便利で

す。急激に冷え込むと鍵穴が凍ることもありますので、解氷剤も購入して

おきましょう。