引越しについてのお得な情報満載!!

TOP > > 引越しのための荷造り

引越しのための荷造り

海外への引越しでは3つの点に注意する

 

海外へ引越しする際の荷造りは、基本的には国内の場合と変わりませんが、

次の3点に注意する必要があります。

①港や空港での積み下ろしや長時間の輸送に耐えれるように梱包する

②航空荷物は重量ごとに、船舶荷物は容積ごとに費用が増える

③通関手続きのための荷物内容明細書(パッキング・リスト)の作成

 

 

引越し造りの手順とポイント

 

荷造りは引越し業者に任せることもできますが、荷物内容明細書(パッキング

・リスト)を作成することを考えると、大きな家具や家電製品以外は自分たちで

やったほうがいいでしょう。

荷造りの手順とポイントは以下のようになります。

①梱包資材の準備

引越し業者から購入するのが一番いいでしょう。費用をおさえたいのであれば

ホームセンターで購入する方法もありますが、長時間の輸送のことを考えると、

引越し業者が扱っている梱包資材がオススメです。特にダンボールケースなど

はしっかりしていて丈夫です。

船便ではダンボールケースをまとめて木枠で組むため、ダンボールケースは

同じサイズのものを準備しましょう。

②荷物の仕分け

衣類、台所用品、電気製品など、荷物の種類を分けます。

③ダンボールケースに詰める

国内の引越しと同様に、ワレモノなどは新聞紙や緩衝材(エアキャップなど)

を使い梱包していきます。箱の中は動かないように、隙間があれば新聞紙を

丸めて詰め込み、しっかりと梱包しましょう。

④宛先及び荷物表示・荷物リストの作成

箱詰めをしたら、上蓋に宛先を記入した紙を貼る(必要枚数をコピーしておく)。

さらに、国内引越しと同様にダンボール箱の上蓋、横腹に荷物表示(通し番号・

箱の中身)をし、その内容をメモ帳などに記入しておきます。

⑤通関用の荷物内容明細書(パッキング・リスト)の作成

荷物の明細を和文と英文で最低3部作成しておきます。

⑥荷物に保険をかける

万一の損傷や紛失に備えて、引越し荷物には必ず保険をかけるようにしましょう。

この手続きは、引越し業者がやってくれます。