引越しについてのお得な情報満載!!

TOP > > ビザ(査証)の申請

ビザ(査証)の申請

渡航先によって必要書類が違う場合があります

 

ビザ(査証)は、引越し先の国の在日大使館(領事館)が、本国の規定に

基づいて発行します。サラリーマンなどの場合は通常、会社または旅行

代理店が手配してくれます。

 

ビザ(査証)申請

・申請先・・・・原則として、渡航先の国の在日大使館(領事館)のビザ取扱

        窓口米国やインドなどのように申請者の住所地を直轄する公館

        以外ではビザ業務を行わない国もある

・申請人・・・・本人、または代理人

・必要書類・・・・国や訪問目的によって異なるが、一般的には次のような

          書類が必要になります

          ①パスポート ②写真1~3枚 ③予防接種証明書

          ④申請者の英文経歴書 ⑤会社推薦状 ⑥健康診断書

          ⑦無犯罪証明書(警察証明書) ⑧戸籍抄本(謄本)など

 

無犯罪証明書は、住所地を管轄する警察署で申請すれば受け取る事が

できます。ただし、国によっては書式を定めている場合があるので事前の

確認が必要です。必ず渡航先国の在日大使館(領事館)に問い合わせて

おきましょう。

また、健康診断書も渡航先国の在日大使館(領事館)によって指定病院

が決まっている場合があるので、こちらも事前に確認し、無駄足を踏むこと

のないようにしましょう。

交付までの所要日数は渡航先国の在日大使館(領事館)によってまちまち

です。即日交付される国もあれば、1週間ほどかかる国もあります。ビザ申請

には、必ずパスポートが必要ですから、海外引越しに合わせてパスポートを

取得する人は、ビザ申請の所要期間を考えて早めに申請し、手に入れて

おいたほうがいいでしょう。

渡航間際になって、やっとパスポートができるようでは、ビザ申請に間に合わ

ない、などという悲惨な事態にもなりかねません。

パスポート、ビザの申請はお早めに。

 

ここで豆知識

2003年8月より、米国ビザ申請者に対して面接制度が導入されました。

申請希望者は東京の米国大使館もしくは、大阪、沖縄の米国総領事館

に必要書類を持参のうえ、面接を受けます。面接にかかる時間や面接の

内容は個々のケースにより異なります。16歳以下及び、61歳以上、公用

ビザなどの申請者は、面接を受ける必要はありません。3ヶ月以内の一時

滞在者(観光客など)は、これまで通りビザが免除となります。