引越しについてのお得な情報満載!!

TOP > > パスポートの取得

パスポートの取得

パスポートは早めに申請して取得しよう

 

パスポートの申請手続きは、住所地の都道府県旅券課、またはパスポート

センター(旅券事務所)で行います。パスポートは有効期限により10年旅券

と、5年旅券の2種類があり、申請時に選択ができます。(未成年者は5年のみ)

申請するのは代理人でもできますが、パスポートの受け取りは本人が出頭

しなければいけません。未成年者が申請する場合には、親権者の署名、捺印

が必要になります。

 

パスポートの申請

・申請先・・・・住所地の都道府県旅券課、またはパスポートセンター

・申請人・・・・本人、または代理人

・必要書類・・・・戸籍抄本(戸籍謄本)1通、写真(4.5×3.5cm)1枚

 身元確認の書類(運転免許証、国民健康保険被保険者証、国民年金手帳等)

 旅券を以前に取得している人はその旅券

 未使用の官製はがき1枚

※2009年4月1日以降、住民票は不要になりました

 

申請手続きをすると、数日から1週間前後で旅券交付日を指定したはがき

(申請し時に提出したはがき)が自宅に届きます。指定日に、このはがきと

申請時に渡された受領書、手数料(印紙代:有効期限5年で1万円、有効期限

10年で1万5千円)、印鑑を持って、必ず本人が出頭します。

現在所持しているパスポートの有効期限が残り1年を切った場合は、新たな

旅券に切り替えることができます。必要書類は、未使用の官製はがき1枚、

写真(4.5×3.5cm)1枚、現在所持している有効なパスポートです。

ただし、現在所持している有効なパスポートの氏名、本籍の都道府県などの

記載事項に変更があった場合は、戸籍抄本または戸籍謄本が必要になります。

海外への引越しでは、出国間際になってあわてないよう、早めにパスポート

を申請し、取得しておきましょう。

なお、写真はパスポートの申請だけでなく、ビザの申請や赴任先の諸手続き

など必要になる機会が多くなるので、あらかじめ多めに用意しておきましょう。

渡航後のパスポート紛失などの事故に備えて、ネガとともに持参するようにして

おけば完璧です。

また、パスポートを受領後は、写真が貼ってある面をコピーして

保管しおきましょう。