引越しについてのお得な情報満載!!

TOP > 引越し業者を決める > 引越し業者を選ぶポイント

引越し業者を選ぶポイント

国土交通省の認可を受けており、明確な料金システムで

親身になって相談に乗ってくれる業者を選びましょう。

 

以前は、各業者によって引越しにかかる料金はバラバラで、見積もりが有料だっ

たり、高層住宅や狭い路地にある家への搬入は追加料金をとられていました。

1987年、運輸省が標準引越運送約款と標準引越運賃を定めました。

その結果、北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州の各ブロックに

分け、各ブロック内で運賃を統一。引越しの距離が100キロ以内の場合、時間

制運賃、100キロを超える場合は、距離制運賃を適用する決まりとなっています。

運賃は各地域の運輸局で確認してください。

 

国土交通省の認可を受けているか

国土交通省の認可を受けた正式な免許を持つ運送業者であることをまずは確認

しましょう。正式な事業資格を持つ場合「緑ナンバー」のトラックで営業しています。

さらに、全日本トラック協会に加入し、国土交通省の定めた標準引越運送約款

を採用している業者を選ぶとよいでしょう。

 

評判は良いか

いくら大手でも、見積もりや電話での対応が悪かったり、評判が悪い引越し業者は

NG。引越し経験者に各業者の評判を聞き、参考にするといいでしょう。

 

料金の算出方法は明確か

料金の算定見積もりの明細の基準がはっきりしているかどうかをチェックします。

基準項目は①運賃②実費③付帯サービス費の3つ。内金や手付金を要求されたり

正式な見積書を出さないような引越し業者は要注意です。

 

きちんと打ち合わせしてくれるか

綿密な打ち合わせをしてくれる業者は、利用者とのトラブルを極力避けようとしてくれ

ているので、安全確実な引越しを心掛けてくれている証拠です。

 

適切なアドバイスをしてくれるか

希望に対して適切なアドバイスをしてくれるかがポイント。いくら商売とはいえ、余計

な梱包資材を購入させられたり、高いプランをすすめる業者は断った方がいいでしょう。

 

輸送は自社便で

引越しシーズンに入ると、大手引越し業者や人気のある引越し業者は、自社便

が足らなくなり、庸車(下請け業者)を利用したりする場合があります。庸車は普

段、一般の荷物を運んでいるので、輸送のプロであっても引越しのプロではあり

ません。トラブルを避けるためにも、自社便にしてもらうのがいいでしょう。

担当の人には、「引越し当日は自社便でお願いします」と言っておけば、担当の

人は、どんなに忙しくても、自社便の手配をしてくれます。

 

兼業者と専業者の違い

兼業者は、引越しをメインにしているのですが、暇な時期は一般の荷物を運んだ

りもします。最近は、大手の引越し業者でも兼業者が増えてきています。逆に、引

越し一本で営業している専業者が減少しているのが実情です。専業者は、どんな

引越しでも対応できるので、依頼するのであれば専業者に依頼するのがいいと考

えます。タウンページや広告に、引越し専門と書いてあるのが専業者です。見積も

り依頼のときに聞いてみるのもいいでしょう。

 

大手引越し業者

安心できるのは、テレビ広告などで有名な大手引越し会社です。サービスは充実し

ていますし、作業設備や輸送設備が整っているので、困難な引越しでも対応してい

ます。しかし、引越し料金は割高になる傾向があります。

 

中堅引越し業者

中堅引越し業者は、広告費用などかけていないため、引越し料金も割安に設定して

います。サービスなどは期待できませんが、大手業者並みに設備は整っているので、

一般的な引越しであれば中堅引越し業者で十分です。

また、料金の交渉なども中堅引越し業者のほうがしやすいでしょう。

 

軽貨物業者

単身者など、荷物が少ない場合は軽貨物業者(赤帽など)に頼むといいでしょう。最近

の軽貨物業者は引越しに力を入れており、業者同士の競争が激しく格安の料金で引

越しをやってくれます。さらには、値段交渉にも簡単に応じてくれ、必ず値引きしてくれ

ます。ただし、運転手さん以外は作業員がいませんので、依頼者は作業を手伝う必要

があります。

 

一般輸送事業者

引越し専門で事業をしているのではなく、一般の荷物ばかりを扱っている業者のことを

いい、引越しの依頼をすれば引き受けてくれます。ただし、引越し専門業者ではないの

で、作業設備は整ってはいませんし、運転手さんも引越しのプロではありません。作業

員も運転手さん一人なので、友人や知人に手伝ってもらう必要があります。

料金は、引越し業者に比べると、かなり割安で引越しできます。友人や知人が手伝っ

てくれるのであれば、一般の運送会社に依頼してみるのもいいでしょう。