引越しについてのお得な情報満載!!

TOP > 引越し当日(新居) > まずは近隣へのあいさつ

まずは近隣へのあいさつ

 新居の貸主、近隣へのあいさつは早めに

 

引越し先が近くであれば、前もってあいさつに行けばいいのですが、引っ越し先

が遠方になればそうもいきません。引越し先が遠方の場合、引越し当日の荷物

の搬入前にあいさつに行くといいでしょう。引越しのあいさつは、引越し当日、遅

くとも引越し翌日までには済ませるのがマナーです。このため、あいさつ時に持参

する粗品は早めに準備しておきましょう。粗品ですが、金額的に1000円前後の

品物でいいと思います。粗品で一番喜ばれるのが、ママレモンや洗剤などの詰め

合わせだそうですが、日持ちのするクッキーやお茶でも十分です。他には、旧居

の地元名産品をお土産に持っていく方法もあります。ありきたりなものより、地元

名産品など持っていくとインパクトもあり、顔と名前をすぐに覚えてくれます。

 

また、あいさつにいくときは、家族全員で行くようにしましょう。子供さんがおられる

方は子供さんも連れてあいさつに行きます。家族全員であいさつに行けば好印象

を与えますし、子供の顔を覚えてもらうことで、両親が不在のときに何かあった場合

お世話になることもあると思います。このようなことから、あいさつは家族全員で

行くことをオススメします。

マンションなら両隣と真下の家と真上の家、一軒家なら両隣と向かいの家とその

両隣にあいさつをしておくといでしょう。

 

新しい生活を楽しく出発させるためにも、ご近所さんへのあいさつは

きちんとしておきましょう。