引越しについてのお得な情報満載!!

TOP > 荷造りしよう > 引越し専用の梱包資材の準備

引越し専用の梱包資材の準備

 無駄な出費を防ぐ上手な梱包資材の集め方

 

ダンボール箱は中古のダンボール箱で

ダンボール箱などの梱包資材は、大半の引越し業者が引越し荷物の量に応じて一

定の量を無料で提供してくれます。たとえば、ガムテープ2巻、食器を保護する紙、ダ

ンボール箱50枚といった感じです。(有料の場合もあり)これで足りれば問題はない

のですが、それだけでは足りない場合は、自分で用意する必要があります。スーパー

や青果店に行けばタダでわけてもらえますが、スーパーや青果店で使われてたダン

ボール箱は、どうしても中が汚れていることが多いのです。

私のオススメですが、引越し業者にある大量の中古ダンボールをわけてもらうこと

をオススメします。引越し業者は、お客様から引き上げた大量のダンボール箱を、会社

の倉庫やコンテナに必ず保存しています。この中古のダンボール箱を利用するのです。

引越し業者が扱っているダンボール箱は、中古といってもしっかりしていますし、箱の

中も汚れていることは考えられません。しかも同じサイズが揃っているので、作業もしや

すい(トラックへの積み込み時など)。気になるといえば、前の荷主が上蓋や横腹に荷

物表示をしていることくらいでしょう。

ダンボール箱は新品を買っても引っ越しが終わってしまえばあとは用無しで、引越し業

者に回収してもらうしかありません。ダンボール箱にお世話になるのはほんの一時だけ

のことです。運搬のためだけなら中古品で十分だと思います。

 

また、当サイト引越し費用の節約術でも説明した、無料サービスを断った場合はダメ

もとで引越し業者の担当に「中古のダンボール箱をわけてもらえないか」と相談してみ

るといいでしょう。すんなりわけてくれる引越し業者もありますし、一定の条件付でOK

してくれる引越し業者もあります。一定の条件とは、たとえば「新品のダンボール箱を、

これだけ買ってくれたら必要な中古のダンボール箱を無料で提供します」といった感じ

です。

 

新聞紙はある程度ためておく

食器やワレモノを包んだり、丸めてクッションにしたり、ダンボール箱の隙間に丸めて詰

め込んだりと、新聞紙は引越し時の必需品です。引越し荷物の包装材、緩衝材として

クッションペーパーやエアキャップがよく使われますが、新聞紙で十分です。エアキャッ

プなどの緩衝材は引越し業者や梱包資材店で購入しなくてはいけませんが、新聞紙な

ら引っ越しが決まったら、ためておけばいいだけです。どこの家庭にもある身近なもので、

無駄な出費を抑えるにはもってこいの緩衝材でもあります。

このようなことから、引っ越しが決まったら新聞(広告もあれば便利)をためておきましょ

う。

 

その他の梱包資材

荷造りにはダンボール箱、新聞紙のほかに様々なモノが必要です。できるだけ、ある

モノを利用し、ないモノは百円ショップなどで揃えましょう。

 

 

梱包資材のリストを作成してみましたので参考にしてください。

□ダンボール箱(大中小) □新聞紙(広告) □クラフトテープ □布テープ 

□荷造りヒモ □油性マジック(黒と赤) □軍手 □ゴミ袋 □はさみ □カッター 

□工具類 □輪ゴム □布団カバー(布団圧縮袋)