引越しについてのお得な情報満載!!

TOP > 引越しの基礎知識 > 引越しのキャンセル

引越しのキャンセル

キャンセル延期はお早めに

 

引越しのキャンセル料金については、標準引越運送約款に定められてある

通りです。引越し業者独自の約款を利用している場合もありますので注意し

ましょう。

 

引越し前日のキャンセル・・・引越し料金の10%以内

引越し当日のキャンセル・・・引越し料金の20%以内

 

つまり、引越しを行う日の二日前までにキャンセルしなしと、キャンセル料を

支払わなくてはいけません。日程の延期の場合も同じで、引越しを行う二日

前までに延期の申し出をしないとキャンセル料が発生します。ただし、身内の

不幸や、病気、ケガなど予期せぬ事情で延期する場合、引越し業者によって

は、キャンセル料を請求しない良心的な引越し業者もあります。

以上のことから、引越しのキャンセルや延期する場合は、早めに引越し業者に

申し出ましょう。

 

注意点

引越し業者は、引越しを行う日の二日前までに、見積もりの記載内容に変更

がないか必ず連絡してきます。この最終確認の連絡は、標準引越運送約款

に定められているので、引越し業者はお客様に対し必ず連絡する必要があり

ます。連絡をしてこない引越し業者は、でたらめな引越し業者ともいえるでしょう。

万が一、引越し業者が連絡を忘れると、引越し当日や前日にキャンセルしても

キャンセル料を支払う必要がありません。

 

また、キャンセルしたときに無料のダンボールや梱包資材などを受け取っていた

場合はどうするか。この場合、返却すれば済むことですが、少しでも使用してしま

った場合、買い上げる必要があります。無料で提供とはいっても、キャンセルされ

れば、引越し業者は費用の請求をしてきます。

引越し業者が、見積もり時にダンボールや梱包資材、粗品などといった品物を置

いて帰るのは、キャンセルを防止するためでもあるかもしれません。トラブル防止

のためにも、見積もり時にキャンセルや延期について担当の人とよく話し合ってお

くといいでしょう。