引越しについてのお得な情報満載!!

TOP > 荷造りしよう > 引越し荷造りの鉄則

引越し荷造りの鉄則

荷造りはモノを一掃する絶好のチャンス!

 

荷造りは、なにより計画的に行うのが一番です。引越し間際になって慌てないよう

季節外れのモノや、普段使わないモノから毎日少しずつでも箱につめてきましょう。

できるのであれば、荷造り専用の部屋を設けると、日常生活にさほど支障がなく作

業がはかどります。

また、家の中のモノをすべて動かす引越しは、考えようによっては、あふれたモノを

整理する良いきっかけとなります。不要なものは、この機会に思い切って処分し、ス

ッキリとした状態で新し生活を迎えてみてはどうでしょうか。

 

 

荷造りの大原則

 

失敗しないための荷造りの手順とコツを以下にまとめてみました。

参考にしてみてください。

 

普段使わないモノや、シーズンオフのアイテムから整理する

来客用の食器や寝具、本、雑誌、CD、ビデオテープ、DVD、シーズンオフの衣類、

押入れなどに保存してあるモノなど。荷造りは、普段使わないモノから箱に詰めてい

きます。それも本屋や雑誌のように重くて、上に積み上げても箱が壊れないモノから

箱詰めするのがセオリーです。

 

本や雑誌類は小さいダンボール箱に

みなさんご存知のように、本屋や雑誌類は一冊なら軽いですが、数がまとまってくる

と、すごく重たくなります。本屋や雑誌類は、引越し業者から提供される「大中小」の

ダンボールなら小のダンボール箱に詰めるようにしてください。逆に衣類などは、少々

まとまった量でも重量はたいして重たくないので、大のダンボール箱を利用します。

また、ダンボール箱一つの重量は15㌔くらいを目安にしておくといいでしょう。これ以

上重たくなると、搬出入のとき大変ですし、腰を痛める原因になります。

重いモノは小さな箱に、軽いモノは大きな箱に、1人で楽に持てる、が大原則です。

 

重いモノは下、軽いモノは上

ダンボール箱の中身がバラバラで、重いモノや軽いモノが混在する場合は、必ず重い

モノを下に詰め、その上に軽いモノを詰めます。このように詰めると、荷物の破損も防

げますし、バランスも安定します。

 

タンスの衣類など

タンスの中身は、引きだしごとにまとめて詰めるといいでしょう。そうすれば、開梱した

あと荷物の整理や収納が楽にできます。ダンボール箱の上蓋や横腹に「洋服タンス○

段目」「和タンス○段目」とマジックで荷物表示をしておけば完璧です。クローゼットなど

にハンガー掛けしてる衣類は、引越し業者が貸し出しているファッションケース(ハンガ

ーボックス)に、そのまま掛けれます。

 

箱の上蓋には荷物表示を忘れずに

ダンボール箱の上蓋や横腹に必ず、マジックで荷物表示をしましょう。家族の誰が見

てもわかるように表示します。特に、食器などのワレモノは赤いマジックなどを利用し

「ワレモノ注意!」と大きく表示するのを忘れないでください。こうしておくと、引っ越し

作業員の人も慎重に扱ってくれますし、荷物表示することによりトラックに積み込むと

きに考えて積み込んでくれます。

また、番号を記入しておけば紛失防止にもなります。

 

荷物リストの作成

荷造りしたダンボール箱の上蓋に、荷物内容と番号表示を記入したら、それとまったく

同じ内容を、大学ノートなどに記入し荷物リストを作成します。これで、さらに荷物の紛

失を防ぎます。

 

ダンボール箱の底蓋はクラフトテープで十字に貼る

底抜け防止に、ダンボール箱の底の部分にベタベタとクラフトテープを貼る人がいます

が、あまり貼ると運ぶときに手が滑ったりして落とすことも考えられます。箱の底の部分

はクラフトテープで十字に貼るだけで十分です。軽い衣類などは、とじ目に沿って縦に

一本貼るだけでOK。クラフトテープを大量に貼ると、箱を壊すときが大変ですし、ゴミに

もなります。

 

新居ですぐに必要なモノは

引っ越ししてすぐに使うための専用のダンボール箱を2~3個用意します。用意ができ

たら以下のモノを箱に詰めます。

 

風呂・洗面・トイレ関係

タオル、石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプー、トイレットペーパー等

飲食関係

必要最低限の食器類、やかん、お茶、コーヒー、鍋、その他台所用品等

衣類関係

当座の洋服、着替え、パジャマ等

 

これらのモノを専用の箱に詰めておき、引っ越ししてすぐに使えるようにしておけば、

引っ越し当日や翌日は、とりあえず、その箱を開梱するだけで生活ができます。

 

大型家具、大型家電製品、梱包が難しいモノ

大型家具、テレビ、冷蔵庫、仏壇、美術品、骨董品、人形ケース、鏡台、シャンデリア

等、これらの荷造りは基本的に引越し業者がやってくれますので、そのままにしておと

くといいでしょう。梱包の難しいモノや、どうしていいかわからないモノは事前に担当の

人と打ち合わせておいてください。