引越しについてのお得な情報満載!!

TOP > 引越し当日までにやること > お住まいが賃貸住宅の場合

お住まいが賃貸住宅の場合

解約予告はお早めに

 

賃貸借契約の解約予告

引越しが決まったら、まずやらなければならないのが、今借りている賃貸住宅

の貸主(大家)か管理会社に賃貸借契約の解約予告をしなくてはいけません。

解約予告は賃貸借契約に基づいてきちんと行わないと、余分に家賃が必要に

なったりする場合があるので、注意が必要です。

 

解約予告の注意点

解約予告の告知期間を必ず確認しておきましょう。

賃貸住宅の賃貸借契約書には、「部屋を出るときは○ヶ月前までに申し出なけ

ればならない」という解約予告の告知期間が必ず記載されています。

この解約予告の告知期間は、だいたい1ヶ月前までに申し出ればいいのですが、

なかには2ヶ月前、3ヶ月前といった物件もあるそうです。ちなみに、公団の場合

は14日前までとなってます。

また、賃貸借契約書に告知期間の定めがない場合は、3ヶ月前までに解約予告

する必要があります。これは法律の民法で定められています。

 

解約予告が遅れると

解約予告の告知期間を守らなかった場合は、貸主は借主に対して余分に家賃の

請求をしてきます。これについて、借主は文句が言えません。使いもしない住宅の

家賃を払うことになるのです。当然、新居の前家賃も必要になりますので、ダブル

家賃ってことになります。

引っ越すときは、いつまでに解約予告をすればいいのかもう一度、契約書をよく読

んで確認しておく必要があります。