引越しについてのお得な情報満載!!

TOP > すべての荷造りが終わったら > 引越しにともなう不要品の処分

引越しにともなう不要品の処分

リサイクルで地球環境にも貢献

 

リサイクルショップを活用する

荷造りが終わると、いらなくなった電化製品や家具類、ちょっとした小物まで、色々な

不用品が出てくると思います。粗大ゴミとして処分するのもいいのですが、ここではリ

サイクルショップに引き取ってもらうことをオススメします。引き取ってもらえない品物も

ありますが、小額ではありますが買い取ってくれたりもしますし、無料で持って帰った

りもしてくれます。とりあえず、リサイクルショップの人にいらなくなった物をすべて査定

してもらい、余った不要品はゴミとして処分すればいいでしょう。リサイクルショップは、

ネットやタウンページで調べ電話連絡すれば、すぐに訪問してくれます。

自分にとっては用のないガラクタも、中古市場では思わぬ値打ちがある品物かもしれ

ません。処分を考えている不用品があるなら、思い切って売ることを考えてみてはどう

でしょうか。

 

公共のリサイクル事業を活用する

最近はリサイクル事業を推進している自治体が多いようです。広報誌などに「あげま

す」などの不用品情報コーナーを設けているケースも目につきます。また、不用品を

預かって展示販売したり、インターネットで不用品の情報交換の仲立ちをしている自

治体もあります。そのほか自治体に相談すれば、いろいろなリサイクルの方法やリ

サイクル活動を行っているグループなどを教えてくれます。一度問い合わせてみるの

もいいでしょう。

なお、いずれの方法で処分するにしても、引き取りや運送などで相当の時間を見て

おかなければならないので、早めに手配する必要があります。

 

ネットオークションを活用する

一般的にネットオークションには、リサイクルショップに持っていくよりも若干高く売れる

ことが多い、リサイクルショップでは売れないものが売れる、といった利点があります。

ネットオークションで売るには、ヤフーオークション、楽天フリマなどのオークションサイト

へ登録し、所定の出品、販売ルールに従い取引をします。

 

 

不要なものは思い切って処分しよう 

 

リサイクルショップでも引き取ってもらえない・・・

このようなモノは、粗大ゴミとして処分するしかありません。引越しは、不要なモノを

処分する絶好のチャンスです。この機会にいらないモノを処分し、スッキリした気分で

新居での生活をスタートしてみてはどうでしょうか。

 

 

粗大ゴミは市区町村役場で申し込む

小物はいつでも捨てられるが、机、ベット、タンスといった家具類などの大きなモノは

粗大ゴミ扱いとなるため、普通ゴミの日に出しても引き取りはしてくれません。

粗大ゴミを捨てる場合は、各市区町村の窓口に申し込んで、引き取りにきてもらう必

要があります。粗大ゴミの回収は、各自治体によって月1回とか月2回というように

決まっています。回収は基本的に有料で(申し込み時に確認)捨てるモノが決まった

ら、早めに収集日を確認し、申し込むようにしましょう。

なお、分解すれば小さくできるモノについては、粗大ゴミではなく普通ゴミで出せる場

合があります。無駄な出費を防ぐためにも『これなら分解できそう』というモノは一度、

各市区町村の窓口に問い合わせてみましょう。

 

 

粗大ゴミには収集してくれないモノもある

 

普通ゴミに出せない大きなモノなら、何でも粗大ゴミとして回収しもらえるかというとそ

うではない。以下の4つについては、それぞれ別の処理が必要になります。

 

テレビ(ブラウン管式)・エアコン・冷蔵庫・洗濯機

家電リサイクル法対象のテレビ(ブラウン管式)、エアコン、冷蔵庫、洗濯機の4品目に

ついては次のように処理します。

 

①買い替えまたは不要になり処分する場合 

  買い替える店、または買った店に処分を依頼する。

②買った店が遠隔地にある、または不明な場合

  各市区町村の窓口へ処分を依頼する。

③指定引取り場所に持ち込む

  各メーカーは、全国各地に指定引取場所を設置しています。ここに直接持ち込み処

  分を依頼してもらいます。指定引取場所については、メーカーに問い合わせれば教

  えてくれます。

 

家電4品目の処分には費用として【リサイクル料金+収集・運搬料金】がかかりま

す。リサイクル料金はメーカーごとに、収集、運搬料金は販売店ごとに異なるので、処

分を依頼するときに必ず確認してください。大手メーカーのリサイクル料金は、テレビ

2700円、エアコン3500円、冷蔵庫4600円、洗濯機2400円というケースが多く見

受けられます。(一部異なる)

 

パソコン

2003年10月1日以降、資源有効利用促進法の施行によりパソコンをゴミとして出せ

なくなりました。パソコンを処分するには、メーカーに回収を申し込み、指定場所に郵便

局を通して送ります。発送は郵便局へ直接持ち込むか、自宅に訪問回収を依頼するか

です。

費用は、デスクトップパソコン本体、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、液晶ディスプレイ

一体型パソコンが各3000円、ブラウン管型ディスプレイ、ブラウン管型ディスプレイ一

体型パソコンが各4000円です。