引越しについてのお得な情報満載!!

TOP > 荷造りしよう > 引越し荷造りの開始

引越し荷造りの開始

プロの引越し業者にも負けない荷物別梱包テクニック

 

引越しで一番面倒なのが荷造り、梱包でしょう。面倒だからといって荷造り、梱包

を引越し業者に依頼すると、費用も高くなります。引越し費用を少しでも抑えるため

に、荷造りは絶対に自分でやりましょう。 (荷造りの鉄則参照)

とはいえ、荷造りは適当にダンボール箱に詰め込めばいいというものではありませ

ん。大事な荷物を傷つけない、壊さないようなやり方があります。プロの引越し業者

にも負けない、モノに応じた荷造り、梱包のテクニックを以下にまとめてみました。

 

食器類

ダンボール箱を組み立て、底に新聞紙を丸めてクッションにします。お皿、お茶碗、

コップなどは新聞の折り込み広告を利用(新聞紙は汚れるため)して、一つ一つ包

んでいき、箱に詰めていきます。箱に詰めるときは、お茶碗やコップは伏せて、お皿

類は縦にして詰めるのが基本です。箱の中に隙間ができたら新聞紙を詰め込んで

梱包します。できれば、食器の種類ごとに箱を別々にすれば、箱に詰めやすくなり

ます。箱の上蓋と横腹には「上」「ワレモノ!」「食器」と赤マジックで必ず書いてくだ

さい。書いておくと作業員の人は慎重に扱ってくれます。

 

ビン類

調味料などのビン類は、キャップをしっかり閉め、万が一割れても中身が出ないよう

に一本一本ビニール袋に入れ、さらにビンの胴の部分に新聞紙を巻いておきます。

箱を組み立て、底に新聞紙を丸めてクッションができたら、一本ずつ箱に詰めていき

ます。ダンボール箱に詰めるビンは、なるべく同じようなサイズに揃えるようにします。

ビンとビンの隙間には新聞紙を詰め込んでください。ビン類は重たくなりますので、箱

の底の部分は十字にクラフトテープを貼ります。梱包が終わったら食器同様、箱の上

蓋、横腹に「上」「ワレモノ」「ビン」の表示を忘れずに。

 

包丁・刃物類・スプーン・フォーク・箸

包丁やキッチンバサミの刃物類は必ず、刃の部分を厚紙を巻きつけ、抜けないように

しっかりとテープで固定し、ダンボール箱の底に納めるようにしてください。スプーン、

フォーク、箸などは数本ずつまとめて縛り、ビニール袋に入れダンボール箱に納めま

す。台所用品の小物類も、これらのモノといっしょに梱包しておくと便利です。

 

鍋類

鍋類は、蓋と本体をわけて大きい鍋から小さい鍋と重ねていくとコンパクトにまとまりま

す。鍋と鍋を重ねると、間には隙間ができますので、ここには新聞の折り込み広告など

を詰め込んでください。(鍋の傷つき、凹み防止)そして、ダンボール箱の深さを考えて

、適当に重ねたところで、ずれないようにヒモで縛ります。あとは、このままダンボール

箱に入れます。

 

台所の電化製品 

炊飯器、電気ポット、電子レンジなどの電化製品は、購入時のケースが残っていれば

そのケースを利用すればいいですが、ない場合は一つ一つダンボール箱に入れ、隙間

には新聞紙を詰め込み固定します。梱包ができたら、上蓋や横腹に「電化製品・取扱

注意!」と赤マジックで表示してください。この表示をしておくことで、引越し作業員の人

はトラックに積み込むときに考えて積み込みしてくれます。

 

衣類、洋服

シーズンオフで使っていない衣類を収納しているカラーボックスやプラスチックケースな

どは、そのまま運ぶことも可能です。布テープで蓋が開かないようしてください。現在

使用している衣類は、引越し業者から提供されたダンボール箱なら大か中のダンボー

ル箱に詰めていきます。シワになっても気にならない下着や靴下から詰めていき、シワ

になったら困る衣類を、その上に丁寧に重ねていきます。

ハンガーなどに吊ってある洋服は、引越し業者が無料で貸してくれるファッションケース

(ハンガーボックス)にハンガーごとかけていけば簡単に収納できます。

※タンスの中の衣類、洋服はすべて出し、必ず空にしておいてください。

 

書籍・雑誌類

本屋や雑誌類は数がまとまると非常に重たくなります。このため梱包するときは、小さ

めのダンボール箱を利用します。引越し業者から提供されたダンボール箱なら「小」を

使います。できるだけサイズの揃ったモノを箱詰めし、隙間には新聞紙を詰め込みま

す。また、書籍や雑誌類をヒモで縛っている人がいますが、運びづらいし輸送中にバラ

けてしまうことも考えられますので、箱に詰めるようにしてください。

余談ですが、私が引っ越しするとき書籍類は必ず、古本屋に持ち込み処分します。本

など2,3回読めば十分ですし、どんどん本がたまっていって、本棚が汚く見えるのが

イヤだからです。ちなみに前回の引越しで120冊の本を古本屋に持ち込み3800円で

した。

 

布団類

引越し業者によっては、布団カバーを貸し出している業者もありますが、ココでは布団

圧縮袋をオススメします。今ならホームセンターなどで安価で手に入ります。布団圧

縮袋があれば、運びやすいですし、使ってない布団も押入れに無駄なく収納できます。

この機会に、布団圧縮袋を購入してみてはどうでしょうか。(管理人オススメ!)

 

 

冷蔵庫

輸送中、冷蔵庫からの水漏れで他の家財を濡らす恐れがあります。冷蔵庫の中の食

品は、できるだけ引越し前日までに調理したりして使いきり、霜取り水抜きをしておきま

しょう。製氷機の氷の処分も忘れずに。コードはまとめて布テープで本体に固定します。

※引越し先ではすぐにコンセントは入れずに一時間以上は放置しておいてください。

 

机、本棚

引きだしの中身、本棚の本などすべて出し、ダンボール箱に詰めていきます。本棚に仕

切り板などがあれば、すべて取り外して一つにまとめておくといいでしょう。仕切り板を

支える付属品などは必ず外し、ビニール袋にまとめておきます。

 

 

パソコン

パソコン内部のデータは、必ずバックアップをしておいてください。パソコンは箱に入れ

て、隙間に新聞紙を丸めて詰め込み梱包します。パソコンは精密機器なので、梱包の

しかたがわからない場合は、引越し当日に作業員の人に相談してみましょう。パソコン

一台くらいなら、その場で簡単に梱包してくれると思います。

 

洗濯機

洗濯機は前日までに、洗濯槽やホースの中に残っている水を完全に抜いておきます。

輸送中に水漏れで他の荷物を濡らす場合があるので、忘れずに水抜きをしておいてく

ださい。ホースは留め具にかけ、アースとコードはまとめて本体に布テープで固定しま

す。

 

石油ファンヒーター

必ず中の灯油はポリ容器に移し、本体に残っている灯油は使い切ってください。乾電

池などがある石油ストーブは電池を外します。電気コードは布テープで本体に固定しま

す。

 

ベッド・テーブル

ベットやテーブルなどの組み立て家具は、基本的にすべて分解して運びます。このた

め、組み立て家具類は搬出入がしやすいように引越し前日までに分解し、ネジ類など

の付属品はビニール袋にまとめて入れ板の裏に布テープで貼り付けておきます。

テーブルの脚などは、一つ一つ新聞紙で包み、全部まとめてひとくくりにしておきます。

 

大型家具・大型電化製品・鏡台・ソファー

これらのモノは、基本的に引越し業者が専用のキルティングなどで養生や梱包をしてく

れます。前日までにホコリなどを取り除き、乾拭きしておきます。家具の中は必ず中身

をすべて出し、カラにしておいてください。

 

注意点

引越し当日までに、大型家具や電化製品のキズの有無をチェックしておきましょう。キ

ルティングや布団を使って確実に保護してから運び出すのですが、どうしてもキズが入

ったり凹んだりする場合があります。チェックしておけば、あとで引越し業者とトラブル

になったりもしないでしょう。

 

貴重品

貴金属や有価証券、預金通帳、印鑑などの貴重品は、必ず自分で持ち運びます。旅

行バックなどにまとめておき、自分で運ぶようにしましょう。

 

梱包のやりかたがわからない、どうしていいかわからないモノなどは、早めに

担当の人に相談しましょう。また、引越し業者では輸送できないモノ(ピアノ・

庭木・ペット等)は見積もり時に必ず相談してください。(専門業者の紹介)